トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年4月23日

電波新聞拾い読み 2015年4月23日

イッツコム 4K対応放送スタジオ・多目的ホール

 CATVのイッツ・コミュニケーションズ(東京都世田谷区)は24日、「二子玉川ライズ」内に4Kに対応した本格的な放送設備のある貸しスタジオ・多目的ホールをオープンする。
 カメラ、プロジェクタ、編集システム、副調整室など本格的な放送設備を有し、公開型のイベントの生中継や番組収録に適している。
 特に4Kカメラと4Kプロジェクタも完備し、今後の4K放送にも対応する。
 面積は約440平方メートル、収容人数は約340人。主な特徴はガラス張りで、ガラス面をオープンすれば、中央広場と連動したイベントも展開可能。
 また、正面外壁に設置された200インチ以上の大型デジタルサイネージで、イベントの様子やPR映像を映し出すこともできる。施設内のデジタルサイネージとも連携している。


キヤノン どんぐりポイント制度を導入

 キヤノンはベルマーク運動や同社の環境保全活動に経済産業省の主導する「どんぐりポイント制度」を導入し、ユーザーから使用済みカートリッジの回収を促進する。
 同社は90年に部品や材料のリユース・リサイクルを促進する「トナーカートリッジリサイクルプログラム」を開始し、今年で25周年を迎える。
 これを機に、カーボン・オフセット制度を活用したどんぐりポイント制度を使用済みカートリッジの回収リサイクルプログラムに導入し、社会貢献・環境保全の取り組みに貢献する。
 どんぐりポイント制度は、どんぐりマークが付与された製品にポイントをつけ、その製品を購入してポイントを集めることにより、集まったポイントに応じて社会貢献や環境保全の活動を支援できる取り組み。


用語解説 情報セキュリティ

 コンピュータシステムをウイルスなどの外的脅威から守ることや、システム内に蓄積されている機密データなどが外部に漏れる情報漏洩を防ぐ対策をすること。国際規格のISO/IEC27002では、情報セキュリティを情報の「機密性」「完全性」「可用性」を維持することと定義。
 情報の機密性とは、コンピュータシステムなどに保存されている情報を閲覧できる者とできない者に区別し、権限のある者だけが情報アクセスできるようにすることを指す。
 情報の完全性とは、正しい情報が正しく保存されていることを指す。破壊や改ざんされていない状態を維持しなければならない。情報の可用性とは、情報を閲覧するなど利用したいときに利用できる状況を確保することを指す。
 これらの条件を満たすソフトウエアやサービスがICTメーカーから発売されているが、セキュリティ対策には完成形がない。
 ただ、完璧なセキュリティを導入すれば業務の実行に支障を来すこともあるため、バランスの取れた対策が求められている。


電波新聞拾い読み 2015年4月23日