トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年4月1日

電波新聞拾い読み 2015年4月1日

CATV デジアナ変換終了

 ケーブル局によるデジアナ変換サービスが3月31日に終了した。同日までをメドとして、一部地域では31日を待たずに順次終えている。地方選挙があるため、実質的には今月第3週をメドに完全終了の見込み。
 日本ケーブルテレビ連盟によると、デジアナ変換を導入したCATV局の加入世帯数は全国で2571万世帯あったが、選挙などの理由で3月末でデジアナ変換を終了しない局のエリア内の視聴世帯はまだ合計で408万世帯あるという。
 同連盟の昨秋の調査では1台目のテレビをアナログ式で視聴している世帯は108万世帯あった。このうち54万世帯がケーブル加入している。
 デジタル受信をしていない世帯が、今後テレビを継続して視聴するにはケーブルに加入するか、デジタル受信機を購入するか、チューナを接続してアナログテレビでデジタル放送を受信するかのいずれかの方法を採ることになる。


エレコム ブルートゥースヘッドセット

 エレコムは、付属のオプションイヤホンを取り付けるとステレオヘッドセットとしても使えるブルートゥースヘッドセットを発売した。
 単体では片耳ヘッドセット、付属の右耳用イヤホンをmicroUSB端子に取り付けると高音質な両耳ステレオヘッドセットして使える。普段、通話用として気軽に使いたいときなどは片耳で、良い音ではステレオサウンドを楽しみたいときは両耳でと、シーンに応じて使い分けられる。
 また本体の素材を変更し、電波強度を高めたことで音切れや、接続切れを解消。さらにドライバーを改良することで、通話、音楽ともさらに高音質で楽しめる。


KDDI/沖縄セルラー 個人宅向け無線LANルーター

 KDDI、沖縄セルラーは、個人向けの無線LANルーター「HOME SPOT CUBE2」を4月10日から発売する。
 「HOME SPOT CUBE2」は、高速な無線LAN通信(最大通信速度866Mbps)を実現する最新規格IEEE802.11ac(5GHz)、MIMO方式に対応。従来の無線LANルーターに比べ無線の速度が約3倍にアップした。
 自宅の固定インターネット回線に接続し、スマホのカメラ機能を使った手軽な操作で簡単に設定できる。
 また、IEEE802.11ac対応のスマホやタブレット、PCとあわせて利用することで、動画サービスや写真、コンテンツのバックアップなど大容量通信が必要なサービスの利用も快適に楽しめる。


電波新聞拾い読み 2015年4月1日