トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年3月18日

電波新聞拾い読み 2015年3月18日

15年世界タブレット出荷台数 2%増を予測

 米IDCは、15年の世界のタブレット出荷台数は前年比2.1%増の2億3450万台になるとの見通しを発表した。
 大画面搭載スマホ(ファブレット)との市場競争激化でタブレット需要は減速しており、14年10-12月の出荷台数は前年同期比3.2%減と初のマイナス成長になった。
 しかしIDCでは、法人分野での伸びに支えられ、15年以降も通期の出荷台数は低成長ながらプラスを維持し、19年には2億6940万台に達すると予想した。


加ブラックベリー 今夏、タブレット新製品

 カナダのブラックベリーは、セキュリティ機能を高めたタブレットの新製品「SecuTABLET(セキュタブレット)」を発表した。政府系機関や法人を対象に、今夏にも販売の予定。米ウォールストリート・ジャーナルによると、価格は2380ドル前後となる見通し。
 同製品は、韓国サムスン電子およびIBMと共同開発したもので、本体はサムスンの「ギャラクシータブS 10.5」がベースになっている。
 ブラックベリーがタブレットを手がけるのは、これで2回目。11年にリリースした初代製品「プレイブック」は低迷が続き、13年頃に販売を終了している。


電波新聞拾い読み 2015年3月18日