トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年3月10日

電波新聞拾い読み 2015年3月10日

東芝 キーボード脱着式PCの世界最軽量モデル

 東芝は、世界最軽量約699gの12.5型ウインドウズタブレットとしても使えるデタッチャブルウルトラブック「dynabook R82」2モデルを13日から発売する。
 新商品は、12.5型の高精細フルHD液晶を搭載しており、キーボード部から液晶画面を取り外すことで、世界最軽量のウインドウズタブレットとして使用できる。
 液晶画面はスライドレバーで手軽に脱着でき、液晶画面とキーボード部の接続部品には、高い強度のアルミ合金を採用することで、脱着のしやすさと接続部品の壊れにくさを両立させた。
 キーボード部は1.5mmのキーストロークを確保したほか、キートップの中央に約0.2mmのくぼみを設けるなど入力のしやすさにこだわり、確実な打鍵感を得られる。また、HDMIやUSB3.0に加え、有線LAN、RGBなどのインターフェイスも充実している。


ヤマハ ネット配信ミキサー

 ヤマハは、クリプトン・フューチャー・メディアとのコラボレーションによる小型のミキシングコンソールの新製品として、配信やモバイルでの活用に便利な機能を搭載したウェブキャスティングミキサー「AG03-MIKU」を5月下旬に発売する。
 「AG03-MIKU」は、様々な機能や楽器を接続することができ、インターネット配信に便利な機能を搭載したウェブキャスティングミキサー。今年1月に発表した「AG03」(5月下旬発売予定)のクリプトン社の協力による「初音ミク」バージョンのモデルとして、オリジナルのカラーリングと、「初音ミク」のイラストを施し、さらに「初音ミクおためしセット」を同梱している。
 最高192kHz/24ビットに対応した高音質設計に加え、インターネット配信などに便利なループバック機能や、ワンタッチでエフェクト・サウンドを実現するDSPなど、幅広い活用ができる基本性能と多くの機能を搭載している。
 また、USBバスパワー駆動に対応しており、コンピュータと接続できるだけでなく、iPadとの接続にも対応しているため、モバイル環境でも活用できる。


四国総合通信局 V-High放送中継局に免許

 四国総合通信局は、ジャパン・モバイルキャスティングから免許申請のあった携帯端末向け標準テレビジョン放送(V-High放送)を行うための地上基幹放送局(中継局4局)に対し、このほど免許を交付した。
 同社は、基幹放送局提供事業者(ハード事業者)として、蓄積型コンテンツ配信を含むマルチメディア放送を行う放送局を開設していたが、今回の標準テレビジョン放送局の免許により、同放送設備を利用して新たに5事業者、5番組の放送が4月1日から開始される。
 免許の概要は次の通り。周波数はいずれも214.714286MHz。
Jモバ松山DTV 空中線電力7.5kW
Jモバ高知DTV 空中線電力7.5kW
Jモバ徳島DTV 空中線電力2.5kW
Jモバ高松DTV 空中線電力2.5kW


電波新聞拾い読み 2015年3月10日