トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年2月26日

電波新聞拾い読み 2015年2月26日

スマートウオッチ14年世界出荷460万台

 英調査会社カナリスによると、スマートウオッチ(リスバンドも含む)の14年世界出荷台数は460万台。このうち72万台が「アンドロイドウエア」OS搭載端末だった。
 アンドロイドウエアは、ウエアラブル向けに最適化されたアンドロイドOS。これを搭載したスマートウオッチの出荷数トップは、米モトローラ。同社の「Moto360」は、14年第4四半期も供給がひっ迫したが、以前業界リーダーの地位を維持した。
 韓国のLGエレクトロニクスは、7月に発表した初代製品「Gウォッチ」に続いて、円形ディスプレイを採用した「GウォッチR」が好調。このほか、台湾エイスースやソニーが「アンドロイドウエア」搭載端末をリリースしている。


NTTドコモ 3月からLTE-Aサービス開始

 NTTドコモは25日、LTE-Advancedを使用した国内最速225Mbpsの受信速度の通信サービス「PREMIUM4G(プレミアム4G)」を3月27日に開始すると発表した。
 複数の周波数帯を束ね高速通信を可能とするキャリアアグリゲーションで高速化を実現。東京、大阪、名古屋など全国22都道府県、33都市の都市部でサービスを開始する。
 プレミアム4Gは2つの周波数帯を1つの束ねる技術「キャリアアグリゲーション」と、基地局エリアに小規模基地局を複数設置して小規模基地局を集中制御する技術を組み合わせて実現。通信トラフィック集中エリアでも、高速で安定した通信が可能になる。
 対応機種はWi-Fiルーター「HW-02G」と、来月発売の「L-01G」。夏頃に発売予定の上位機種のスマホも同サービスに対応する。


知財高裁 「IGZO」商標は無効

 シャープの液晶ディスプレーに使われる「IGZO(イグゾー)」の登録商標をめぐり、無効とした特許庁の審決を不服として同社が取り消しを求めた訴訟の判決が25日、知財高裁であった。設楽裁判長は「IGZOは商品の原材料を表したものとして業界内で広く認識されており、商標登録はできない」と述べ、請求を棄却した。
 問題となったのは、シャープが保有する関連商標のうち、11年11月に登録された、アルファベットによる「IGZO」の商標。判決が確定すれば、他の企業なども使用できるようになる。


パナソニック ギネス60周年記念認定証を受賞

 パナソニックの世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池「EVOLTA(エボルタ)」が、その偉業を称えられ、ギネスワールドレコーズリミテッド(英国)から60周年を記念して作られた記念認定証を受賞。認定証とともにメダルが授与された。
 「ギネス世界記録60周年記念認定証」は、1955年に書籍「ギネス世界記録」初版が出版されてから60年という節目に、人類やその技術の飛躍を表すような、特に象徴的な記録(記録保持者)に対し、あらためてその偉業に敬意を表すために贈られた。
 パナソニックの「エボルタ」は、08年の発売から。国際規格基準に従った放電試験の結果が「世界一長持ちする単3形アルカリ乾電池」としてギネス世界記録に認定され、その記録を現在も維持し続けている。


JVCケンウッド 「SECURITY SHOW」に出展

 JVCケンウッドは、東京ビッグサイトで開催される「SECURITY SHOW 2015」(3月3-6日)に出展する。同社は映像・音響・無線を連携させ、防犯/防災・業務支援の多彩なシステムソリューションを提案する。
 防犯セキュリティシステムでは、工場の安全を見守る「工場まるごと見守りシステム」のほか、新商品のフルHDネットワークカメラと8chネットワークビデオレコーダによる「簡単セキュリティパッケージ」など、実効性に優れた多彩なソリューションを出品する。
 防災・業務支援システムとしては、無線と非常業務放送設備を連携した「無線機連動放送システム」のほか、より円滑な業務コミュニケーションを実現する「デジタルワイヤレスインターカムシステム」の新商品を展示する。


電波新聞拾い読み 2015年2月26日