トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年2月24日

電波新聞拾い読み 2015年2月24日

1月のPC国内出荷51%減

 電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、1月の国内PC出荷台数は前年同月比51.3%減の51万7000台だったと発表した。ウインドウズXPのサポート終了や消費増税前の需要拡大で、前年同月は1月としては過去最高を記録しており、その反動で大幅な落ち込みとなった。前年割れはこれで8カ月連続。しかし、一昨年1月の国内PC出荷は6000万8000台、13年1月比では20.2%減と下落率は半分以下。
 内訳はデスクトップが同60.7%減の14万台。ノート型は同46.5%の37万7000台で、ノートPCの比率は72.9%。


1月の白モノ家電国内出荷 前年同月比22.1%減、1381億円

 日本電機工業会(JEMA)が23日発表した15年1月の白モノ家電国内出荷金額は、前年同月比22.1%減の1381億円と4カ月連続のマイナスとなった。消費増税前の昨年1月と比較すると大幅なマイナスだが、過去10年間の1月の平均値1329億円を上回るとともに、13年比では5%増と高い水準を維持している。
 製品別ではエアコンが前年同月比24.2%減の350億円で9カ月連続のマイナス。冷蔵庫は同39.3%減の193億円、洗濯機は同26.1%減の206億円と4カ月連続マイナスとなった。


オンキヨー プリメインアンプの新型

 オンキヨーは、エントリクラスのプリメインアンプ「A-9010」を3月上旬に発売する。価格(税別)は4万円。
 「A-9010」、音楽ファンが求める高品位なオーディオスタイルの入口となるフルサイズ単品コンポの入門機に位置付けられる。レコードプレヤーも接続して楽しめるよう、高性能フォノイコライザ回路を搭載した。
 アンプの基本性能である「恩師錘をしっかりと追求。様々なスピーカとの組み合わせでも朗々と豊かな音色を奏でられるよう、入念なサウンドチューニングを施した。厚みのある中域に支えられたクリアでエネルギッシュな音色に仕上げた。
 入門機にふさわしく必要な機能をシンプルにまとめた。
 USB-DZCとセットして話題のハイレゾ音源を楽しんだり、レコードのアナログ音源やスタンダードなCD音源まで、好みのプレヤーと組み合わせて楽しむことができる。


四国総通局 鳴門市の同報系防災行政無線に免許

 四国総合通信局が、徳島県鳴門市から申請のあったデジタル方式による同報系防災行政無線を免許した。
 概要は、周波数がVHF(60MHz帯)。空中線電力は固定局最大2W。固定局(無線局)は親局1局、再送信子局(拡声機能付き)4局、同報子局(同)35局。屋外受信設備(同)が41機。個別受信機は180個(予定)。


電波新聞拾い読み 2015年2月24日