トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年2月19日

電波新聞拾い読み 2015年2月19日

14年10-12月スマホ世界出荷28%増 サムスンが首位

 米IDCが発表した14年10-12月(第4四半期)の世界のスマホ市場に関するリポートによると、出荷台数は3億7520万台。前年同期28.2%増、前期比では11.9%増加し、過去最高を記録した。
 メーカー別では、韓国サムスン電子が首位を継続したが、出荷数は前年同期比11%減の7510万台と、上位5社中唯一のマイナスとなった。シェアも前年同期28.8%から20.0%まで低下した。
 2位は米アップル。9月に投入した大型画面搭載の最新モデル「iPhone6/6プラス」が好調で、前年同期比46%増の7450万台を記録。サムスンとの差はわずか60万台だった。この勢いが続けば、15年中にアップルはサムスンを追い抜く可能性があるIDCはみる。
 3位のレノボ(聯想)は、米モトローラ・モビリティの買収効果もあり同77.9%増の2470万台。4位のファーウェイは中-高品位機種が好調で同41.7%増の2350万台。
 5位は低価格端末で急成長を遂げたシャオミ(小米科技)で、同178.6%増の1680万台を記録した。


日立マクセル 「maxell」ブランド、中国の「馳名商標」認定

 日立マクセルのコーポレートブランドである「maxell」商標が、中国国家工商行政管理総局商標評審委員会から、記録メディア製品において中国の「馳名(ちめい)商標」として認定された。
 「馳名商標」は、中国全土において周知の商標であることが認められるブランドを対象に、中国国家工商行政管理総局、一部の裁判所により認定される。
 この認定により、中国における「maxell」商標の保護範囲が拡大し、第三者による不正登録の阻止や不正使用の排除が容易となることから、土ランドの保護強化・拡充を図れる。


電波新聞拾い読み 2015年2月19日