トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年2月2日

電波新聞拾い読み 2015年2月2日

マランツ ネットワークプレヤー

 マランツは、ネットワークプレヤー「NA6005」を2月上旬に発売する。
 DSDやFLACなどのハイレゾ音源とMP3、WMA、AACファイルのネットワーク再生、USBメモリー再生に対応。AirPlayやインターネットラジオなど、ネットワークを介して様々な音源を再生できる。Wi-Fi機能も搭載しているため、LAN端子のない部屋でも手軽に、ネットワークオーディオを始められる。
 ブルートゥース機能、光デジタル入力によってスマホなどのポータブル機器、テレビなどの外部機器の音声を再生することができる。さらに、FM/AMチューナも搭載しており、ラジオ放送も高音質で楽しめる。
 アナログ出力回路には、上級機と同様のフル・ディスクリート回路を採用。マランツオリジナルの高速アンプモジュールによる電流帰還型フィルターアンプ兼送り出しアンプ回路を搭載した。
 価格は6万8000円。


エレコム マルチスピーカ2シリーズ

 エレコムは、印象的なカラーリングとスタイリッシュなデザインに、コンパクトながら満足のサウンドが楽しめるマルチスピーカ2シリーズを2月上旬から発売する。
 「MS-P06Aシリーズ」は、家庭用コンセントに接続して使用するACアダプタタイプ。実用最大出力6Wのパワフルなサウンドを再現する。「同06Uシリーズ」は、家庭用コンセントが不要で気軽に使えるパソコン向けのUSB給電タイプ。USB給電タイプながら、2Wの高出力で十分な音量が得られる。
 価格は同P06Aが4420円、同P06Uが3170円。


ヤマダ電機テックランドNew相馬店オープン

 福島県相馬市に、ヤマダ電機テックランドNew相馬店が30日、オープンした。
 JR常磐線「相馬駅」から南に約1.5km、国道6号線沿いに出店。
 売場面積は約2697平方メートル、スタッフは10人。


ノリタケとコルグ 音楽機器用の新真空管を共同開発

 ノリタケカンパニーリミテドとコルグは、音楽機器用の新しい真空管「Nutube(ニューチューブ)」を共同開発した。
 真空管は、現在ではトランジスタやデジタル方式などに置き換わっている。しかしながら、真空管でしか表現できない豊かな音質は今でも根強い人気がある。長年にわたり音楽機器を生み出してきたコルグは、性能を向上した新しい真空管を自社で作ることができないかを検討していた。
 ノリタケカンパニーリミテドの子会社であるノリタケ伊勢電子が製造する蛍光表示管は、真空管と同様の原理を有する製品。
 両社は、蛍光表示管を応用して、その構造を工夫し、新真空管Nutubeを共同開発した。
 従来の真空管に比べ2%以下の電力で動作する省電力化を実現。容積比で30%以下の小型化を図ることができる。連続期待寿命3万時間と長寿命で、高信頼性を持つ。治具が不要で、基板への直接取り付けができる。
 Nutubeを搭載した製品は、15年内の発表を目指して、コルグが開発中である(特許出願中)。


電波新聞拾い読み 2015年2月2日