トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年1月19日

電波新聞拾い読み 2015年1月19日

キヤノン A3ノビ対応インクジェットプリンタ

 キヤノンは2月中旬、インクジェットプリンタ「PIXUS(ピクサス)」シリーズの新製品として、A3ノビ対応モデル「PIXUS PRO-10S」と「同PRO-100S」の2機種を発売する。
 新製品は、プラグインソフトウエアの機能強化やiPad用の新アプリの提供により、使いやすさを向上している。
 PRO-10Sは10色のインクを搭載し、上位機種の「PRO-1」に匹敵する色域を実現している。顔料インクによる高い安定性に加えて、3色の黒系インクにより、暗部の濃淡の微妙な違いを表現、階調豊かにプリントする。PRO-100Sは8色染料インクの高い発色性と光沢性で、鮮やかで美しい写真プリントを可能にする。


パナソニック 「レッツノート」15年春モデル

 パナソニックは、モバイルノートパソコン「レッツノート」の15年春モデル「MX4」「LX4」「SX4」シリーズを23日から、「RZ4」シリーズを2月13日から発売する。
 今回の春モデルでは、全シリーズ最新のCPUを搭載。「MX4」「LX4」「SX4」シリーズでは、インテル第5世代Core iプロセッサを搭載し、処理性能、駆動時間が向上。「RZ4」シリーズでは、最新のインテルCore Mプロセッサを搭載、演算処理、グラフィック処理性能が向上した。
 新製品はショッピングサイト「パナソニックストア」で販売する。価格は16万2800-31万4752円から。


14年12月の発受電量、9カ月ぶりプラス

 電気事業連合会は16日、電力10社の14年12月の発受電電力量が前年同月比1.5%増の835.2億kW時だったと発表した。前年実績を上回ったのは9カ月ぶり。前年より気温が低かったため、暖房需要が増加した。
 発受電量は、電力会社の発電量と卸電力会社からの受電量の合計。


ITU 3月に次世代カーの在り方を討議

 国際電気通信連合(ITU)は3月に開かれるジュネーブ国際モーターショーの開幕に合わせ、同会場内で次世代ネットワークに関するシンポジウムを初日に開催する。
 ICTの車載化と高度道路交通システム(ITS)の採用は世界的な流れ。同時に自動走行技術や排ガス対策、高齢者や身体障害者に優しい車の実用化は自動車メーカーにとって大きな課題になっている。
 シンポジウムでは、ITUが主催して自動車やICT業界、政府・規制官庁、モータースポーツ関係者、各種業界団体のトップを招き、次世代カーの在り方を討議する。
 自動車の高度化、ネットワーク化は20年までに大きく変わるとみられ、そのためにも通信プロトコル、情報セキュリティ、位置参照システムなど、ITSに関する標準化が早急に求められている。


中国、四国地方連携 漁業無線の非常通信訓練

 中国総合通信局は、四国総合通信局、中国地方漁業無線連合会、四国漁業無線連語カイト共同で23日、中国地域と四国地域の漁業用海岸局間での非常通信訓練を実施する。
 この訓練により、南海トラフ巨大地震により四国地域(徳島県、愛媛県、高知県)の3漁業用海岸局の近辺に避難したけが人などの被災情報を、漁業用無線によって日本海側(鳥取県、島根県および山口県)の3漁業用海岸局に伝達し、救援に役立てる可能性を確認する。
 今回は、四国地域から中国地域の漁業無線分野での初の試みとして、漁業用海岸局間の連携による情報伝達訓練も実施する。


電波新聞拾い読み 2015年1月19日