トップページ > 電波新聞拾い読み > 2015年1月16日

電波新聞拾い読み 2015年1月16日

任天堂 新3DS、欧米でも2月発売

 任天堂は14日、携帯型ゲーム機の新モデル「Newニンテンドー3DS XL」を欧米で2月13日に発売すると発表した。
 欧州では画面サイズが「XL」より小さい「Newニンテンドー3DS」も同時に投入する。
 いずれも日本で昨年10月に発売したのと同じモデル。


ソニー ハイレゾ対応ウォークマン

 ソニーは15日、CDより高音質なハイレゾリューション音源に対応したウォークマンの最上位機種を発表した。2月14日から発売する。
 新製品「NW-ZX2」は、昨年発売した上位機「ZX1」の高音質技術を踏襲しながら本体構造や採用部品を見直したことでさらなる高音質化を実現した。
 本体はアルミ総削り出しフレームに銅板を重ねたハイブリッドシャーシを採用し、クリアで力強い低音再生を実現。アンプ部分には安定した電力供給ができるよう電気二重層キャパシタを採用し、正確な信号出力も実現している。電源回路には安定したノイズの少ない電力を供給できるようコンデンサを7個に増やした。
 独自開発のハイレゾ対応デジタルアンプ「SマスターMX」をはじめ、CDやMP3などの既存音源をハイレゾ品質に変換する「DSEE HX」も搭載。あらゆる音源を高音質で楽しめるようになっている。
 無線技術では、近距離無線通信ブルートゥースで従来の3倍の情報量を伝送できる新開発のコーデック「LDAC」に対応することで、ワイヤレス接続でも高音質な音の再生ができるようになった。長時間再生も実現し、新開発バッテリの搭載でZX1の約2倍にあたる最大33時間のハイレゾ音源の再生も実現した。
 市場想定価格は12万円前後。新製品はZX1の上位機として日本の他、米国、欧州、アジア各国でも順次発売していく。


電波新聞拾い読み 2015年1月16日