トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年12月23日

電波新聞拾い読み 2014年12月23日

シャープ 欧州TV生産から撤退

 シャープは19日、ポーランドの液晶テレビ生産拠点の出資持ち分をスロバキアの新興テレビメーカー、ユニバーサル・メディア・コーポレーション(UMC)に同日付で譲渡したと発表した。これにより、欧州の液晶テレビ生産から撤退した。従業員はUMCが引き継ぐ。


サムスン電子 34型曲面液晶モニター

 韓国サムスン電子は、圧倒的な没入感を提供する34型曲面液晶モニター「SE790C」を発表した。アスペクト比21対9の超ワイドディスプレイで、3440×1440pのウルトラWQHD解像度、コントラスト比3000対1を実現している。
 中央から両サイドに向かって湾曲ディスプレイは、曲率3000R。人間の目の自然なカーブにマッチするよう設計されており、ストレスのない視聴体験を提供する。
 1つの画面の中に2つの映像を並べて表示するピクチャー・バイ・ピクチャー(PbP)、映像の中に別枠で他の映像を配置するピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)機能を装備。PCやゲーム機など2つのデバイスを接続、同時に画面表示して楽しむことができるほか、業務効率の向上にも役立つ。


TD-LTE 4G世界加入 14年末に3610万件へ

 TD-LTE方式の4Gサービスの加入契約数が、14年末には全世界で9610万件に達するとの見通しを、台湾デジタイムズ・リサーチが発表した。このうち81.8%を中国が、サウジアラビアは8%、日本は6.9%を構成する見込み。
 1つの周波数を時間ごとに分割して上りと下りで共有するTDD方式と、上りと下りで別の周波数を使用するFDD方式がある。世界的にはFDDが主流で、14年は全LTEネットワークの87%を占め、TDDは13%にとどまるという。
 TD-LTEは中国政府が推進する4G方式で、中国移動が13年12月に商用サービスを開始。10月末時点で契約数5000万件を突破し、年末には7000万件に達する見通し。


海外ネット配信 来秋から消費税

 政府・与党は19日、海外からインターネット配信される音楽や電子書籍などの電子データ取引に対し、来年10月1日から消費税を課税する方針を固めた。同じ商品でも国内企業が売れば消費税がかかるため、不公平との声が出ていた。30日にまとめる15年度税制改正大綱に盛り込む。
 米ネット通販アマゾン・ドット・コムといった海外企業からのネット配信を「国内取引」と位置付け、消費税の対象となるよう消費税法を改正する。音楽や電子書籍などの消費者向けサービスに対し、海外企業が日本の税務当局に自主申告し、消費税を納める。消費税分は販売価格に転嫁される見通し。


用語解説 電流ヒューズ

 電流ヒューズはシンプルな回路保護用の部品。回路に短絡などの故障が発生し、異常な電流が流れたときに回路を遮断して機器、部品の焼損、火災などを防ぐことを目的とする。
 回路のどこかで電源短絡などの異常が発生した場合、主電源のヒューズが必ず溶断してくれればヒューズは1個で十分。しかし、回路でいくつかに分岐していると、電流容量の小さな末端で異常が発生しても主電源部では検出できないことがある。
 安全な回路の設計には、分岐ごとに(電源短絡やモーターロック等)異常が起きても発煙などの事態に至らないよう、分岐ごとにヒューズのような安全部品を挿入することが望ましい。
 電流ヒューズはヒューズエレメントを使用したものが一般的だが、抵抗器に溶断特性を持たせたヒューズ抵抗器もある。溶断電力を超えるような電流が流れると断線して半導体素子および抵抗器自体の焼損、発火を防ぐ。
 電流ヒューズにも小型化の要求が強く、現在では1005サイズまで量産されるようになった。


電波新聞拾い読み 2014年12月23日