トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年12月3日

電波新聞拾い読み 2014年12月3日

アイリスオーヤマ PM2.5対応空気清浄機

 アイリスオーヤマは、PM2.5やハウスダストによる空気の汚れをモニターの数値で分かりやすく確認できる「PM2.5対応空気清浄機 PM2.5ウォッチャー」2機種(17畳用、25畳用)を8日に、全国のホームセンターや家電量販店で発売する。
 PM2.5やハウスダストによる空気の汚れを高感度センサーで検知し、数値とグラフをモニター表示にできる新製品を開発した。
 時間経過によるPM2.5、ハウスダストの増減がグラフで表示されるので、空気の汚れや、空気清浄機を使用した効果を視覚的に、かつ簡単に確認できる。
 また、ターボモードでは同等製品と比べ集じん速度が最速水準となっている。8畳あたりの集じん速度で比較すると、従来品では約11分かかるのに対し、「PM2.5ウォッチャー」のターボモードでの所要時間は約9分に短縮できる。
 自動運転モードでは、空気中の微小粒子を検知し、汚れの度合いに応じて自動で静音・標準・強3段階の風量を切り替えることができ、節電モードにも対応している。
 参考価格は17畳用が3万円前後、25畳用が3万5000円前後。


カネカ メガソーラー見学センターを開設

 カネカは、同社鹿島工場西地区大規模太陽光発電所隣接地(茨城県神栖市)にメガソーラー見学センターを開設した。
 床面積は150平方メートルで、同社大規模太陽光発電所や、同社製薄膜シリコン太陽電池など主要製品についての紹介コーナーがある。
 発電所は太陽電池モジュール12.7MW、パワーコンディショナ容量10MWの規模を持つ。


電波新聞拾い読み 2014年12月3日