トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年11月27日

電波新聞拾い読み 2014年11月27日

JVCケンウッド 省スペース設置のコンポ

 JVCケンウッドはJVCケンウッドブランドから、薄型フォルムを採用した省スペースで設置可能なコンパクトコンポーネントシステム「NK-PB30」を12月上旬から発売する。
 「NK-PB30」はCDやUSB、ラジオ、スマホなどのブルートゥース対応機器に収録された楽曲のワイヤレス再生にも対応し、様々な音楽ソースが楽しめる。
 奥行き8.5cm、幅31cmのコンパクトな薄型フォルムを採用し、省スペースで設置できる。MP3、WMAファイルの再生にも対応している。
 FM/AMラジオチューナを搭載。FMラジオは、AMラジオのサイマル放送を行うFM補完中継局に対応し、95.0MHzまで受信できる。サウンドモード機能を搭載し、楽曲や気分に合わせて好みの音質を選べる。
 市場想定価格(税別)は1万3000円前後。


D&M ブルートゥーススピーカの新型

 ディーアンドエムホールディングスは、ブルートゥーススピーカ「7T」を11月から順次発売している。価格は税別3万9900円。
 「T7」は、B&Wブランドでは初となるブルートゥーススピーカ。電源コードなしで純粋なHi-Fiサウンドを再現する。
 ハードカバーの本の大きさで、気軽に持ち歩けるようにデザインされている。充電式電池であるため、どこにでも自由に持って行ける。電池は普通の音量で最高18時間持続する。
 コンパクト設計で、高品質スピーカに期待される丈夫さと安定性も備えている。


電波新聞拾い読み 2014年11月27日