トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年11月26日

電波新聞拾い読み 2014年11月26日

JEITA 10月のPC国内出荷台数34%減

 JEITAが25日発表した10月のPC国内出荷台数は63万2000台で前年同月比33.9%減。前年同月はXPのサポート終了に備えた企業のリプレース需要があった。
 このうちデスクトップは同月37.1%減の18万6000台、ノート型は同32.5%減の44万6000台。ノート型比率は70.6%。
 出荷金額は543億円となり同29.2%減。163億円だったデスクトップ型は同31%減、380億円のノート型は同28.4%減。台数、金額ともに5カ月連続前年割れ。


アイコム HFトランシーバ 50周年記念モデル

 アイコムは12月上旬、HFトランシーバ「IC-7850アイコム50周年記念モデル」を発売する。
 税別価格130万円。全世界で150台の限定販売。
 同社アマチュア無線用トランシーバのフラグシップ機の開発ノウハウ、技術を全て投入して開発した。1.2kHzのIFフィルタを採用し、近接妨害特性を大幅に向上させた。ダウンコンバージョンを採用する最高級機をしのぐ近接ダイナミックレンジを達成した。
 ローカルオシレータの純度向上にも取り組み、業界最高水準のC/N特性を実現した。フェーズノイズ特性もアップコンバージョンの高いローカルオシレータ周波数にもかかわらず、離調周波数10kHzはもちろん1kHzでも高い性能を確保した。
 より高度な運用を可能にする2波同時受信時のデュアルスコープ表示やハイレゾリューションのウォーターフォール機能なども備えた。SDカード対応による音声録再機能を強化。ゴールドが映える50周年記念モデルオリジナルデザインを採用した。


米インテル 15年売上げは前年比1桁台半ばへ

 米インテルは15年の売上げが前年比1桁台半ばの伸びになるとの見通しを発表した。粗利益率は同62%増減2ポイント、研究開発費を含めた支出総額は196億-204億ドル、また、設備投資は14年並みの100億-110億ドルと予想した。
 PC市場が安定しているほか、クラウド需要の伸びを背景にデータセンター事業も好調で、同社の14年7-9月の売上高は146億ドルと、四半期ベースの過去最高を記録。10-12月も増収を見込んでいる。


東芝 タブレット3モデル

 東芝は、業界で初めて「アクティブ静電結合方式」を採用し、紙のノートに書くように太さ約0.2mmの線で小さな文字を書くことができるウインドウズペンタブレット「dynabook Tab」シリーズ3モデルを12月下旬から順次発売する。
 新商品3モデル(dynabook TabS90/80/68)は、ワコムが開発した新方式「アクティブ静電結合方式」のペン入力技術と、ペン先位置の正確な検知など東芝の独自技術を融合することで、太さ約0.2mmの線で小さな文字でもペン先とずれなく書くことができる。これにより、小さな文字で紙のノート・手帳にメモや走り書きするような手書き入力に対応できる。
 配付資料や議事内容などの情報を即座に記録、検索、編集、整理することができる2つのアプリケーションを搭載した。


オンキヨー ウインドウズ8.1タブレット

 オンキヨーデジタルソリューションズは、外出先などで使い慣れた操作でウインドウズパソコンを楽しむことができる8型ワイド画面のウインドウズ8.1タブレット「TW08A-55Z8」を発表。27日出荷分の先行予約販売を開始した。
 「TW08A-55Z8」は八角形の断面と直線エッジによる端正なデザイン。片手で持ちやすく、一般的なブレザーの内ポケットに収まる最大サイズとして8型ワイド画面を採用した。  電源スイッチで瞬時にパワーON/OFFでき、スタンバイ自にも断続的に通信を行うことでメールや予定表などを最新状態にしてくれる機能や、2GB DDR3Lメーンメモリーが、快適なモバイル使用をアシストする。
 電波の混雑を避けた通信設定可能な5GHz帯/2.4GHz帯対応ワイヤレスLAN、ブルートゥース通信機能、オートフォーカス機能付き5Mピクセルカメラ(背面)などを内蔵し、実用性能を高めた。
 直販価格は2万7000円。


バッファロー 家庭向けネット対応HDD

 バッファローは、家庭向けネットワーク対応ハードディスク「リンクステーションMyBox LS411DXシリーズ」(容量4TB/3TB/2TB)を12月中旬から発売する。
 デジタルライフ推進協会が策定する「DLPAリモートアクセスガイドライン2.0」に対応。自宅のテレビ・レコーダで録画した番組、保存した動画・写真をスマホ、タブレットなどで外出先から視聴できる。
 また、自動ダビング機能に対応しており、対応テレビ・レコーダを登録するだけで、録画番組を定期的にチェックして、新しく録画された番組だけを本製品に自動でダビングする。トランスコーダ搭載でテレビ・レコーダからのダビング時に録画データを自動圧縮し、保存容量を節約できる。


電波新聞拾い読み 2014年11月26日