トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年11月20日

電波新聞拾い読み 2014年11月20日

カシオ計算機 ゴルファー向けのデジカメ

 カシオ計算機は、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」の新製品として、Wi-Fi機能搭載と専用アプリにより、カメラから離れた状態でもスイング動画をタブレットやスマホに送ってチェックできるゴルファー向けデジタルカメラ「EX-FC500S」を28日から発売する。
 「EX-FC500S」は、ハイスピードムービーで撮影した超スロー映像とカメラの液晶モニターに表示されるガイドラインを使って、ゴルフのスイングチェックができるゴルファー向けデジカメの第6弾となる。
 チルト液晶付きのコンパクトなスタイルを採用し、シリーズで初めてWi-Fi機能を搭載。モーションシャッタと専用アプリを利用することで、カメラに触れないままハイスピードムービーを撮影し、タブレットやスマホで映像を確認できるようになった。
 自分一人で練習するときやレッスンを受けるときに、カメラから離れた状態から手元のタブレットやスマホでフォームをチェックできる。
 市場想定価格(税込み)は4万円前後。


東海大がソーラーカーレースで優勝

 パソナニック製の太陽電池モジュールHITと、高容量のリチウムイオン電池を搭載した東海大学チームのソーラーカーが、チリで開催された南アメリカ大陸最大級のソーラーカーレース「Carrera Solar Atacama 2014」で優勝した。
 6カ国から25チームが参加し、チリのPozo Almonteをスタート。海抜0mから最も高い地点では3400mを超える過酷なコースで行われ、東海大学チームは全行程1082kmを15時間20分で走破し、優勝した。


電機関連3展示会開幕

▽国際放送機器展
 第50回の国際放送機器展(Inter BEE 2014)が19日、千葉市の幕張メッセで開幕した。過去最多の977社・団体が参加している。会期は21日まで。
 今年は会場を1ホール増やし、来場者も昨年の3万2000人を上回る3万5000人が見込まれている。
 CSとケーブルによる4K本放送は来年始まる。「今年のキーワードは4K」とばかりに会場は撮影機材から編集装置、編集ソフトに至るまで4K関連であふれている。
 放送素材の圧縮装置も4K時代に不可欠。HEVC(高効率画像圧縮)規格のデコーダも出品されている。

▽計測展OSAKA 開幕
 計測展OSAKAが、グランキューブ大阪(大阪国際会議場)で開幕した。会期は21日まで。
 過去最高となる1万1200人の来場を目標にした。
 4つの視点 − 「日本の国際競争力とものづくり」「パワーエレクトロニクスが拓く未来」「スマートワイヤレスの未来」「インダストリー4.0時代へ」 − から、カンファレンスやセミナー、展示ブースなど最新技術や製品、計測・制御の未来に向けた提案が行われている。
 産業オートメーション、セキュリティ、エネルギーマネジメント、環境モニタリング、交通・ロジスティクス、情報通信など最先端、話題の技術、製品を紹介している。

▽組込み総合技術展
 組込み総合技術展「ET展(Embedded techmoligy)2014」が19日、パシフィコ横浜で開幕した、370社が出展している。会期は21日までの3日間。
 ET展はデジタル家電、携帯端末、カーエレクトロニクス、ロボット、各種産業用機器などの最先端テクノロジーに欠かせない組込み技術とソリューションを紹介する専門技術展。
 今年のテーマは”IoTビジネスが変わる! 組込み技術が進化する!”。「IoT活用ゾーン」と「EDAゾーン」が新設され、様々な分野で活用が広がるIoT(モノのインターネット)に関わる組込み技術を紹介している。


用語解説 巻線抵抗器

 金属抵抗線を抵抗素子とした固定抵抗器をいう。特に耐パルス性、耐熱性に優れている。抵抗温度係数が小さく、電流雑音が小さいなどの特徴がある。一方、高抵抗値は得られず、巻線構造のため、高周波回路には適さない。
 用途は各種電子機器の電源回路。電源回路のラッシュ電流制限として、また、低抵抗値の場合は電流検出用として利用される。
 形状別の種類は、巻線抵抗器は円筒アキシャルリード型が一般的だが、SMT対応のSMD型、セメント抵抗器型などがある。
 SMD型は巻線が抵抗体のため、一般的な厚膜チップ抵抗器に比べて形状が大きくなる。
 セメント抵抗器は、抵抗器をセラミック製のケースに収め、セメントで封止した構造。抵抗体には巻線のほか、酸化金属被膜抵抗器などが用いられる。電源回路の耐熱性をさらに向上させたもの。安全設計を要求する用途には温度ヒューズ内蔵タイプが供給される。
 巻線抵抗器は、太陽光発電やインバータ、EV、HEVなどの生産規模拡大で需要が伸びている。


電波新聞拾い読み 2014年11月20日