トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年11月4日

電波新聞拾い読み 2014年11月4日

総務省指針案 SIMロック、来年5月解除

 総務省は10月31日、携帯電話会社が販売したスマホなどの端末を他社回線で使えないようにする「SIMロック」について、来年5月に発売する新機種から、原則解除するよう携帯各社に求める指針案を公表した。解約手数料なしで携帯電話会社を変更できるようになるが、端末購入から一定期間の経過後という条件は容認する。


リコー 全天球カメラの新製品

 リコーは、撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できる画像インプットデバイス「RICHO THETA(リコー・シータ)」をモデルチェンジ。新たに動画撮影を可能にした新型の全天球カメラ「RICHO THETA」を開発し、11月14日から販売開始する。
 新型の「RICHO THETA」は、持ち運びしやすい小型・軽量サイズのデザインはそのままに、通信速度を最大で約2倍に高速化するとともに、全天球動画撮影を可能にした。
 撮影後にPC上で画像変換処理を行うことで、最大3分間の動画を撮影できる。新たに、4色のカラーバリエーションを用意した。


ヤマダ電機LABI吉祥寺 移転オープン

 ヤマダ電機LABI吉祥寺(東京都武蔵野市)が10月31日、スクラップ・アンド・ビルド(S&B)により移転オープンした。
 同店はLABIとして22店目の店舗。以前は吉祥寺駅北口の商店街の中に立地し、パソコン館として営業してきた。
 新店舗は南口駅を出てすぐの好立地で、7階建て約4000平方メートルの売場面積を持つ。従業員170人体制で運営。駐車場は80台を整備するほか、周辺に提携駐車場を用意している。
 新店舗ではPCやスマホ、タブレット端末などのほか、4K対応テレビ、白モノ家電などの品ぞろえを充実。吉祥寺という土地柄から、アナログレコードプレヤーなどもオーディオ売り場に展示した。
 5階には免税品売り場も設置した。家族連れなどに多く来店してもらうため、日用品やおもちゃ売り場も充実させている。


用語解説 ソルダペースト

 はんだ材料にフラックス(松ヤニなど植物性天然樹脂に薬品を加えたもの)を混ぜ合わせたペースト状のはんだのこと。クリームはんだ、はんだペーストとも呼ばれる。はんだ材料は合金の一種。以前は錫、銅、鉛が主流だったが、現在は鉛が環境に与える影響から、錫と銅を母材に銀を加えた製品が普及。
 はんだ材料の金属粉にフラックスを混ぜて攪拌するとペースト状になる。表面実装工程では、はんだ印刷機を使いプリント基板に謄写版印刷の要領で電子回路に合わせてソルダペーストを塗布する。チップマウンタで電子部品などを搭載後、はんだ槽で加熱(約250度C)してはんだを溶融。冷却して電子部品とプリント回路を接合する。
 ソルダペーストにははんだ付けを良くする目的で酸が含まれているため、酸化を防ぐために冷蔵保存が必要になる。最近は常温保存の製品も一部で開発されている。
 はんだはソルダーペーストのほか、形状では棒はんだ、糸(線)はんだ、はんだボール、はんだチップなどがある。


電波新聞拾い読み 2014年11月4日