トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年10月29日

電波新聞拾い読み 2014年10月29日

ASUS 日本のスマホ市場に本格参入

 台湾・ASUSが日本のスマホ市場に本格参入する。28日、東京で主要取引先とメデイアを集め、低価格スマホの「ZenFone5」と、スマートウオッチ「ZenWatch」の発売を発表した。
 ZenFone5は、SIMフリー方式で国内MVNO5社と提携。暗部でも撮影ができる機能や手袋モードを備え、日本語入力システムに「ATOK」を搭載。4色の筐体が用意され、16GBモデルの予想実売価格2万6800円、32GBモデルが同2万9800円。発売は11月8日、
 ZenWatchは、表示部にタッチ機能付きの有機ELを採用。本革ベルトでアンドロイド端末と連動し、電話着信やメール、SMSメッセージや予定などを手元で確認可能。予想実売価格は2万9800円。発売は11月下旬。


IDECと兵庫・佐用町 メガソーラー施設完成

 IDECと兵庫県佐用町が有限責任事業組合(LLP)を設立し、佐用町に建設していた国内初の防腐処理をしていない自然木材課題を使用した5MWのメガソーラー施設が完成し、11月10日から売電を開始する。
 完成したメガソーラー施設は佐用町の所有地である中国横断自動車道申山残土処分場約10万平方メートルに、総事業費15億400万円をかけて建設した。
 パネルはインドのモーザーベア社のパネル2万160枚を使用。発電規模5MW。年間発電容量は533万kwh。


LTE-A提供の通信事業社 世界で17カ国23社に

 米国の通信事業者・機器メーカーの団体、4Gアメリカズによると、次世代高速無線通信規格LTE-Aの商用サービスを提供する通信事業者が27日時点で、世界で17カ国23社を数え、普及の兆しを見せている。
 理論上の下り最大通信速度3Gbpsで、LTEの10倍という伝送速度のLTE-Aは、13年6月に韓国のSKテレコムが世界で初めて商用サービスを提供。次いで7月にLG U+(プラス)、9月にKTと韓国勢が先行した。LTEの先進国である米国では、今年3月にAT&Tとスプリントの両社がスタート。
 日本ではKDDIが同5月に国内で先陣を切り、NTTドコモは今年度中のサービス提供を計画している。
 LTE-Aで高速通信を可能にしているのはキャリア・アグリゲーション(CA)と呼ばれる複数の周波数帯域で同時にLTEのデータ通信を可能にする技術。


用語解説 NAS

 Network Attached Storage(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)の略。ネットワークに直接接続するファイルサーバーで、ハードディスクやネットワークに接続するためのインターフェイス、管理用ソフトなどを一体化している。
 サーバーなどコンピュータシステムのファイル共有ストレージとして利用できる。ストレージシステムには、コンピュータシステムに直接接続するDAS(ダイレクト・アタッチド・ストレージ=直接接続型ストレージ)や、大規模ストレージシステムを専用の高速専用ネットワークにより接続して使うSAN(ストレージ・エリア・ネットワーク)などがある。
 NSAシステムはSANと異なり通常のLANなどに接続する。これにより、同じネットワーク上のコンピュータのファイル共有システムとして利用できる。あらかじめネットワーク機器やソフトなどが全て入っているため、低コストで簡単にネットワークストレージが構築できる。最近はメールシステムなどでも使われている。


電波新聞拾い読み 2014年10月29日