トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年10月24日

電波新聞拾い読み 2014年10月24日

マスプロ デジカメ市場に参入

 マスプロ電工は日本国内のデジタルカメラ/デジタルムービー市場に参入する。23日、コダックブランドのデジタルカメラとデジタルムービーなどを展開する米JKイメージング社と日本総代理店契約を結び、コダックブランドのカメラを日本国内で独占販売すると発表。本格的に国内でデジカメ関連を展開していく。
 第1弾として11月21日から水平方向に360度撮影できる世界初のアクションカメラ「SP360」を発売する。新製品は撮影画角が水平方向360度、垂直方向214度となり全方位撮影ができる。有効画素数1638万画素で、カメラを置くだけで全てのシーンを逃さず撮影できる。
 パソコンに専用ソフトをインストールすることで、Wi-Fi接続、あるいはUSB接続でカメラを遠隔操作できる。
 スマホとの連携もでき、無線接続すれば遠隔操作しながらの録画や撮影動画の確認、再生ができる。GPS情報を映像に記録することもできる。
 販売はエディオン、キタムラ、ケーズデンキ、コジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラの6法人とWebで行う。市場想定価格(税別)は4万1500円。広角160度撮影ができるアクションカム「SP1」、ミラーレス一眼カメラ「S-1」も発売する。


バッファロー 静音スイッチ採用のマウス

 バッファローは、静音スイッチを採用した5ボタンタイプの有線BlueLEDマウス「BSMU19シリーズ」(税別2510円)を11月上旬から発売する。
 メーンの左右ボタンとサイドボタンに静音スイッチを採用。通常のマウスと変わらないクリック感でありながら、静かな場所でも気にならないクリック音を実現した。赤ちゃんが寝ている寝室や、会議中、夜中、カフェなど音が気になる場所でも周囲を気にせず使用できる。
 BlueLEDセンサー採用で、光学式やレーザーでは難しかった透明なガラステーブル、透明シートの上で操作できる。側面にはWebブラウザの「戻る」「進む」として使えるサイドボタンを配置、インターネット閲覧が快適になる。


テレコムサービス協会 設立20周年祝う

 テレコムサービス協会は23日、ホテルニューオータニで設立20周年記念式典を開催した。
 協会は1994年に日本情報通信振興協会、特別第二種電気通信事業者協会、一般第二種電気通信事業者協会、音声VAN振興協議会の4団体が統合し設立。日本のICT(情報通信技術)産業の健全な発展に向けた活動と提言を進めてきており、今年で設立20周年を迎えた。
 式典で是枝会長は「この10年で市場環境はめまぐるしく変化してきた。これからは2020年の東京五輪に向け、日本がICTを最も活用し国民の生活が豊かになる社会を実現させないといけない」と述べた上で「我々が先頭に立ち様々な分野の人たちと連携し、日本がICTで世界をけん引していけるようにしたい」などとあいさつした。


用語解説 GIS

 Geographical Information System(ジオグラフィカル・インフォメーション・システム)の略で、地理情報システムなどと訳す。
 デジタル化された地図(地形)データと統計データに基づいた属性情報などの各種データを関連付け、地図と連携させて表示し、分析などをできるようにする情報システムのこと。地図データと位置情報などが入ったデータベース、その情報を検索/解析し地図上に表示するソフトウエアなどで構成される。
 気象情報システムなどはGISの代表例で、地図と気温や気圧などのデータとを組み合わせて、気象予報などをしている。カーナビなどもGISの応用例になる。
 流通業などでは、人口分布データと競合他社の店舗のデータを地図上に表示し、商圏分析や新規顧客の開拓などのエリアマーケティングに使われている。
 また、自治体などでは地図データに加え、地形図なども組み合わせて、災害時の避難対策やそのシミュレーションを行っているところもある。


電波新聞拾い読み 2014年10月24日