トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年10月1日

電波新聞拾い読み 2014年10月1日

マカフィー 15年版個人向けセキュリティ製品

 セキュリティソフトのマカフィーは17日、パソコンからタブレット、スマホまで様々な端末のセキュリティを確保する15年版個人向けセキュリティ製品群を発売する。従来製品からセキュリティ性能がさらに高まるとともに、個人情報保護を高度に実現する「マカフィー リブセーフ」(1ユーザー1年版8208円)では、業界で初めて音声認証や顔認証といった生体認証技術を採用。利用者はクラウド上に予定や行動、個人情報などを安全に保管できるようになる。
 発売するリブセーフは、個人ユーザーが持つ様々なデジタルデータを保護する製品で、ウイルス製品をはじめとしてフィッシング対策、迷惑メール対策などを備え、個人情報保護を総合的に支援する。業界で初めて、生体認証技術も採用している。
 このソフトにより、安全なクラウド上のストレージ(外部記憶装置)に日々の行動予定や、パスポート情報といった機密情報なども安全に保管できる。クラウド上でIDやパスワードも安全に管理できる機能も備えた。
 最新版はメールから簡単にインストールできるほか、基本性能も強化。検知率の改善などウインドウズ向けのマルウエア対策や、米アップルのOS「iOS」向けのセキュリティ対策、アンドロイドOS向けの無線LANのセキュリティ対策も強化した。
 同日、ウインドウズやMac、モバイル端末を保護するセキュリティ製品「オールアクセス」や、ウインドウズ向けの情報漏洩対策ソフト「トータルプロテクション」、パソコンを保護する「インターネットセキュリティ」、ウイルス対策の「アンチウイルスプラス」も発売する。


米長者番付 ゲイツ氏、21年連続首位

 米経済誌フォーブスが9月29日発表した14年の米長者番付によると、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が、資産総額810億ドル(8兆8500億円)で、21年連続で首位となった。前年から90億ドル増加した。


東芝など7社 太陽光/風力発電所が運転開始

 東芝、東レなど7社が12年11月から愛知県田原市緑が浜に建設していた国内最大級の太陽光および風力発電所の営業運転が1日から始まる。建設したのはこれら2社のほか、三井化学、三井物産、シーテック、東亞合成、三井造船の7社。発電事業者はトランスバリュー信託。
 完成したのは「たはらソーラー・ウインド発電所」。発電能力は太陽光50MW(パワーコンディショナ35MW)、風力6MW(2MWが3基)。
 年間発電量は太陽光、風力合わせて約6万7500MWh。


用語解説 パワーコンディショナ

 パワーコンディショナは、太陽光発電で発電した直流電気を家庭内でも使えるように交流電気に変換する装置のこと。
 日本の家庭で使われている電力は100Vの交流であり、家電製品はそれに基づき設計されている。太陽光発電では、晴れや曇りなど気象条件で発電量が左右されやすい。そうした不安定な電気を安定した出力に調整し、家庭内でも使えるようにする役割を果たす。
 住宅用太陽光発電に使われる製品では、出力4kWから5kWが中心となる。
 太陽光が発電した電気を家庭内で使える電気に無駄なく変える「変換効率」が、パワーコンディショナでは重視される。変換効率は97%以上に適している製品もすでに発売されている。
 また、産業用途では出力10kW程度のタイプから500kWといった大規模タイプまである。
 蓄電池と直接接続して使う製品や、太陽光と電気自動車(EV)を連携するパワーコンディショナなど用途も広がりを見せている。


電波新聞拾い読み 2014年10月1日