トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年9月15日

電波新聞拾い読み 2014年9月15日

シャープ 次世代ディスプレイMEMS-IGZO

 シャープは12日、高画質で超低消費電力の次世代ディスプレイ「MEMS-IGZOディスプレイ」の量産化へのメドを付けたことを明らかにした。14年後半からタブレット、車載向けにサンプル出荷を始めるとともに、今後さらに高性能化を図り17年にスマホやタブレット向けに本格的な量産をしていく。
 MEMS-IGZOディスプレイは、シャープの酸化物半導体「IGZO(イグゾー)」のディスプレイ技術と、クアルコム子会社ピクストロニクス社のMEMS(微少電気機械システム)シャッター技術を組み合わせたもの。従来のディスプレイでは実現できない超低消費電力、外光下での視認性や高温・低温など対環境性能、高い色純度を実現する。
 このディスプレイは、MEMSシャッターとスリット、RGB(赤、緑、青)のバックライトのみで構成する単純な構造で既存の液晶ディスプレイ製造装置をそのまま活用できる特徴がある。
 新ディスプレイは必要な色をシャッターの開閉で光量を制御するため光の利用率が高い。シャッター開閉速度は約100μ秒と高速な上、カラーフィルタがないため必要な輝度を低消費電力で得られる。
 これにより超低消費電力で高い色純度と色再現性を実現できる。既存の液晶のようにカラーフィルタや偏光板を使用しないため、既存液晶と比べ2-3倍の光学効率を実現した。


パイオニアのホームAV事業 オンキヨーに統合

 パイオニアとオンキヨーは12日、パイオニアグループのホームAV事業とオンキヨーの統合に関する基本合意書を締結したと発表した。これによりパイオニアがオンキヨーの普通株式の一部を取得し、AVや電話などの事業を手掛ける100%子会社パイオニアホームエレクトロニクスとオンキヨーを合併する。
 同社は10月末をメドに統合の最終契約の締結をし、来年3月に統合を終えることを目指す。


ヨドバシカメラ 「格安スマホ」発売

 ヨドバシカメラはスマホの端末代と通信料を併せて月額1000円を切る「格安スマホ」を限定800台で9月から発売し、月半ばまでに400台以上を販売した。9月中には売り切る計画。
 同社はプラスワン・マーケティングのスマホ「フリーテル」と、ワイヤレスゲートがNTTドコモの回線を借りて提供する通信環境をセットにしたプランを用意。スマホ、SIMカードの合計金額は1万710円。24回の分割払いにした場合、月額979円でサービスを利用できる。
 毎月のデータ通信量は無制限だが、下り最大250kbit秒に速度が制限される。
 今後、端末代込みで月額1000円を切るサービスを継続するかどうかは、今回の800台の販売による市場の反応を見ながら判断していく構え。


用語解説 ロボット掃除機

 ロボット掃除機とは、部屋内を自動で動き回り、ごみを集める家電製品のこと。04年4月に国内で発売された米アイロボット社の「ルンバ」が人気を呼び、掃除機の新カテゴリとして市場が拡大している。
 ロボット掃除機は、搭載するセンサーを使って部屋の形状や広さ、汚れ具合、障害物の有無などを判断し、1時間程度をかけて部屋内を動き回ってごみを捕集する。多くの機種で落下防止機能を備えており、玄関の段差などでも落下せずに掃除を継続できる。掃除が終わるか電池が少なくなると、自動的に充電スタンドに戻って充電される。
 11年頃から日系の大手家電メーカーもロボット掃除機に参入し始め、現在では国内外の多くのメーカーからロボット掃除機が家電量販店で売られている。
 清掃能力やソファの隙間に入れる薄型設計のほか、状態を音声通知する機能、外出先からの遠隔操作機能を備える製品もある。2台目需要として人気が高まっており、若い世帯や共働き世帯、高齢者層の利用も増えている。


電波新聞拾い読み 2014年9月15日