トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年8月27日

電波新聞拾い読み 2014年8月27日

白モノ家電国内出荷 7月の国内出荷額16%減

 日本電機工業会(JEMA)が26日発表した白モノ家電の7月国内出荷金額は2261億円で前年同月を15.9%下回った。5月以降3カ月連続のマイナス。
 前年同月は猛暑で好調なため今年7月はマイナスになったが、今年7カ月の累計では1兆4235億円で前年実績を5.1%上回った。
 7月の製品別出荷額では主要3製品がいずれも前年同月を下回った。ルームエアコンが17.4%減の1075億円となり3カ月連続。冷蔵庫も2カ月連続マイナスで21.6%減の431億円。洗濯機は14.1%減の204億円。2カ月連続のマイナス。


7月の国内PC出荷台数16%減

 JEITAが26日発表した7月の国内PC出荷動向によると、出荷台数は前年同月比16%減の66万9000台と、2カ月連続前年割れとなった。
 デスクトップの出荷数は同20.2%減の19万4000台。ノートPCは同14.2%減の47万5000台。ノート型では、モバイル製品同24.7%減、A4型・その他同11.3%減となった。
 PC出荷金額は、同9.6%減の537億円で、こちらも2カ月連続のマイナス。デスクトップは同10%減の162億円、ノート型同9.4%減の375億円。


アイコム 特定小電力トランシーバ2機種

 アイコムは28日、最高水準の防じん・防水性能の堅牢性を併せ持つコンパクトな特定小電力トランシーバを発売する。
 機動性重視のショートアンテナタイプ「IC-4350」と通話距離重視のロングアンテナタイプ「IC-4350L」の2機種。ともに免許、資格不要。税別価格1万9800円。
 2機種とも本体93gの軽さ、幅47×高さ81×厚み26.5mmのコンパクトサイズで、IP67の業界最高水準の防じん・防水性能を備える。しかも、米国国防総省の物資調達基準MIL-STD-810Fに準じる試験もクリアした堅牢性を実現した。単3形アルカリ乾電池1本で37時間の長時間運用が可能。
 個別呼び出し、グループ呼び出しができる。音量を瞬時に変更する一時音量切り替え機能や、使用中のチャンネルをスキャンするビジースキャン機能と空きチャンネルをサーチし、混信のないチャンネルでの通話を可能にする空きチャンネルサーチ機能も搭載した。


警察無線、技術遺産に登録

 65年前に開発された警察の移動用無線機が26日、国立科学博物館の未来技術遺産に登録されることが決まった。当時の最先端技術を導入した国産の通信機器で、日本の移動通信の発展に大きく貢献。携帯電話の「先祖」にあたる存在。中央省庁の所有物では初の登録となる。
 この無線機は、警察庁が保管する「PR-1形超短波無線電話装置」。移動中のパトカーが警察本部や警察署と無線で通話できる機器で、警察と民間企業が1949-50年に開発した。


タイガー 1台で2役こなす「IHスーププロセッサー」

 タイガー魔法瓶は、高級調理家電の新ブランド「GRAND X」シリーズの新製品として、1台で「スープメーカー」と「フードプロセッサー」の2役をこなす「IHスーププロセッサー」SKX-A100(市場想定価格3万円前後)を9月21日から発売する。
 新製品は、家庭で手軽に栄養豊富なスープを食材の調理からあたためまで1台で作れ、高丸スープ人気に対応する。
 スープの調理だけではなく、フードプロセッサーとしても機能するため、料理の下ごしらえなど、より自宅での料理の幅を広げられる。


用語解説 Android(アンドロイド)

 スマホやタブレットパソコンといったモバイル端末向けのOSや、ミドルウエアをまとめたプラットフォーム。07年にグーグルが発表した。無償で誰でも利用できるオープンソースソフトで、Linuxをベースに作られている。
 これまで携帯電話などのOSには、マイクロソフトのウインドウズモバイルやノキアのシンビアンOS、アップルのiOS、クアルコムのBREWなど、端末やソフトのベンダーが開発したものを使っていた。
 アンドロイドは当初、グーグルやクアルコム、T-モバイルなどが中心となって設立したOHAという規格団体から発表された。現在は、日本のNTTドコモやKDDI、モトローラ、サムスン電子、インテルなど30社以上が加盟している。
 オープンソースであることから、誰もがプログラムの開発などができるため、開発スピードと機能強化のスピードが速まるうえ、開発コストも抑えられる。08年頃からアンドロイド搭載スマホが発売されている。


電波新聞拾い読み 2014年8月27日