トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年8月22日

電波新聞拾い読み 2014年8月22日

あすから2日間「ハムフェア」

 アマチュア無線の国内最大の催し「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア2014」が23、24の2日間、東京ビッグサイト西2ホールで開催される。
 今年のハムフェアのテーマは「みんなで楽しむハムライフ」というもの。サブテーマとしてデジタル、モールス、アウトドア、DXなど幅広いテーマも取り上げる。
 主催の日本アマチュア無線連盟では「新たな楽しみ方への挑戦を通じても、より広がりを持ったアマチュア無線の楽しさを発見してもらう絶好の機会。家族や友人誘い合わせのうえ来場してほしい」と呼びかけている。
 減少傾向が続いたアマチュア無線局数も今年はいよいよ反転。団塊世代を中心としたカムバック層や、増加の兆しが出てきた若年無線家誕生などが追い風。幅広い年第の無線家が集う、にぎやかなイベントになる。


カシオ計算機 チルト液晶採用デジカメ

 カシオ計算機はデジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、操作ボタン付きの液晶画面が180度開く「EX-ZR50」(税込み4万円前後)を9月12日に発売する。
 ZR50は、新設計のチルト液晶を採用。操作ボタンもチルト液晶とともに開くため、自分撮りやみんな撮りが楽しめる。
 縦でも横でも持ちやすいボックスフォルムを採用。縦持ち用のフロントシャッタと横持ち用の通常シャッタの2つのシャッタを備えており、自分撮りやみんな撮りが手持ちで簡単にできる。Wi-Fiを使うことで、スマホに画像を送り、SNSでの写真共有も簡単に行える。
 イベントの最中など、現在起こっていることを1枚の写真にまとめて他の人に伝えるのに便利な「クイックコラージュ機能」も備える。
 ZRシリーズの快速性も実現。1.2秒の高速起動、0.14秒の高速オートフォーカス、0.015秒のレリーズ・タイムラグ、最短0.26秒の撮影間隔を実現した。


広島豪雨 地域店に被害

 20日未明に局地的に豪雨にみまわれた広島市安佐南区、安佐北区の土砂災害は21日現在で39人死亡、7人行方不明の被害になった。
 地域家電店の被害状況は、広島県電器商業組合によると「床下浸水の店が2店報告があった。まだ連絡の取れていない組合員もおり、心配している」と話す。
 パナソニックコンシューマーマーケティングLE中四国社は「系列店で3店が床下浸水となった」としている。
 家電量販店のエディオン八木店とヤマダ電機テックランド広島八木店は、土石流が発生した現場に近い。近くを通るJR可部線は冠水しており、不通。その約100m先に並行して走る国道54号線沿いに、両店舗が立地している。


用語解説 液晶テレビ

 画面に液晶パネルを用いたテレビのこと。ブラウン管と異なり、薄型設計ができるとともに低消費電力で駆動できる特徴があり、液晶ディスプレイはパソコン用や携帯電話など幅広い製品で使われている。
 液晶は液体と固体の両方の性質の物質で、2枚のガラス板の間に液晶状態の物質を入れ、電圧などをかけることで液晶の配列を変えて映像を表示する仕組みになっている。材質の特性上、自発光しないため光源は背後に照明をつけて表示させる。初期の液晶テレビは光源に冷陰極管を使っていたが、数年前からLEDを採用するようになった。最近は、色の再現性をさらに高めるためにLEDバックライトではなく、光の3原色の赤、緑、青の3色LEDを採用する製品も出ている。
 色再現をさらに高めるため、シャープは黄色を加えた4原色を採用、三菱電機は赤色レーザーを光源に使っている。液晶は表示の切り替わりが遅いことから動きの速い映像への応答性が悪かったが、最近は画像処理技術などの進化により大幅に改善されている。


電波新聞拾い読み 2014年8月22日