トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年8月15日

電波新聞拾い読み 2014年8月15日

IPAなど Webサイト改ざんに備えを

 情報処理推進機構(IPA)とJPCERコーディネートセンターは、Webサイト改ざんに関する報告が後を絶たないことを受け、Webサイト運営者と管理者に対し点検と備えを呼びかけている。
 昨年6月時点でWebサイト改ざんの報告件数が過去最多に達し9月にかけ高い水準にあったため、IPAは6月にウェブサイト改ざんに関する注意喚起を実施。今年も9月を控え同じ時期の改ざん増加を懸念し改めて注意喚起を行うことにした。
 具体的なWebサイト改ざんの手口には「サーバーソフトに残存する脆弱性を狙った改ざん」をはじめ、「Webサイトの管理端末へ侵入し管理端末から認証情報を窃取しサイト改ざん」するもの、「SQLインジェクションの脆弱性を悪用したWebサイト改ざん」などがあるという。
 IPAなどでは、Webサイト運営者と管理者に対し自組織のサイトの点検と対策、緊急時の体制整備などを行うよう働きかけ被害の拡大を防いでいく計画。


東芝 スマホ連携の活動量計

 東芝はスマホと連携するリストバンド型活動量計「WERAM1100」を20日から販売開始する。
 新商品は、加速度センサーで測定した情報を分析。歩数・移動距離・消費カロリーなどの「活動量」と睡眠時間・睡眠サイクルなどの「睡眠」を推定するリストバンド型の活動量計。
 算出されたデータはブルートゥースでスマホへ転送され、専用アプリ上にグラフなどで表示される。専用アプリ上で「食事」を写真で簡単に記録できるため、活動量・睡眠・食事をトータルで管理することができる。


京セラ 米国防省基準の高耐久性スマホ

 京セラは、米国国防総省の調達基準MIL-STD-810Gに準拠したベライゾン向け高耐久性スマホ「ブリガディア(Brigadier)」を発表した。価格はベライゾンワイヤレスの各店舗で99.99ドル。
 「ブリガディア」のディスプレイ部には、ダイヤモンドに次ぐ硬度の無機物であるサファイアから作られたパネルを採用。忙しい母親、アウトドア愛好家、建築現場の作業員、緊急救援隊員などにとって十分な耐久性を備える。
 手袋を着用しながらでも、画面が濡れた状態でも、電話の発信や写真撮影、懐中電灯アプリの操作ができる。


ハイアールアジア 分割吸収合併で新会社

 ハイアールアジアインターナショナル(HAI)は10月1日付で、現HAIの調査研究・研究開発の事業を会社分割により、ハイアールアジアR&Dに承継することを決めた。
 またハイアールアクアセールス(HAS)が会社分割後のHAIを吸収合併する。10月1日付でHASは照合をハイアールアジアに変更する。
 10月1日付の合併後、ハイアールアジアは事業統括会社として、マーケティング部門が中心となってAQUAブランドの戦略策定を行うことで、日本・ASEAN地域における新たなブランド価値構築を強化する。


用語解説 エネファーム

 エネファームとは、都市ガスやLPガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電する家庭用燃料電池のこと。「エネルギー」と「ファーム(農場)」を掛け合わせた造語になる。
 エネファームは、燃料電池ユニットで都市ガスから取り出した水素と酸素を化学反応させて発電し、それを家庭内で使える交流に変換してから分電盤に流す。発電時に発生する熱は熱回収装置が回収し、貯湯タンク内の水を加熱してキッチンやお風呂でお湯を使えるようにする。電力会社から届けられる電力は、火力発電所などの大規模な発電所でつくられている。電力の一部は送電ロスで失われているうえ、発電時に発生する熱も利用できずに捨てている。
 燃料電池普及促進協会によると、従来は発電所から家庭まで電力が届いた際のエネルギー利用効率は35-40%であるが、エネファームでは、電力をつくる場所と使う場所が同じであるためにエネルギーの利用効率が高く、CO2の削減や石油、天然ガスといった一次エネルギーの使用量削減につながる。


電波新聞拾い読み 2014年8月15日