トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年8月7日

電波新聞拾い読み 2014年8月7日

新iPhone来月9日発表か

 米アップルが来月9日にスマホ「iPhone(アイフォーン)」の新製品発表会を計画していることが5日、わかった。米ウォールストリート・ジャーナル(電子版)などが報じた。
 報道によると、アイフォーンの新モデルは画面サイズが4.7インチと5.5インチで、従来機種より大きくなる。店頭での決済などに利用できる近距離無線通信(NFC)や、ワイヤレス充電機能などが新たに搭載されるとの見方もある。
 アップルは受託生産メーカーに年内に7000万-8000万台を生産するよう要請。アイフォーンの初期生産台数としてはこれまでで最大規模になるという。


米21世紀フォックス タイム・ワーナー買収断念

 「メディア王」ルパート・マードック氏率いる米21世紀フォックスは5日、米タイム・ワーナーに対する800億ドル(約8兆2000億円)規模の買収提案を撤回したと発表した。タイム・ワーナーの経営陣が競技を拒否しているほか、提案が表面化して以来フォックスの株価が低迷したため、買収断念に追い込まれた。


ソフトバンク 米携帯電話4位の買収断念か

 ソフトバンクは、子会社で米携帯電話3位のスプリントを通じた同4位TモバイルUSの買収を断念した。複数の米メディアが5日、報じた。米当局の承認を取り付けるのが難しいと判断したためという。


トレンドマイクロ コンシューマ向け新戦略

 トレンドマイクロは6日、コンシューマ向けの事業戦略を発表した。14年は、全てがインターネットにつながる時代の新ソリューションの創出、個々人の環境にあった「セキュリティコンシェルジュ」サービスの提供、新興市場向けに基本機能を無料で提供し付加機能を有償にする「フリーミアムモデル」を導入していく。
 新ソリューションの創出では、家庭内でつながる機器を全て安全で快適に利用できるようにするほか、スマホやタブレット端末など、家庭外へ持ち出すモバイル端末を安全に利用するためのクラウド型のゲートウエイを提供する。
 これまで端末ごとにセキュリティソフトを入れて管理していたが、新ソリューションは端末が接続されるポイントで一括しセキュリティを確保する。ネットワーク機器ベンダーや通信事業者などとの協業も視野に入れて取り組んでいく。
 クラウド型のゲートウエイを使うことで、利用する端末や基本ソフトの種類に関係なく隠しWebサービスを安全に利用できるようになる。
 セキュリティコンシェルジュサービスは、同社クラウド型セキュリティ技術基盤を活用するとともに実際の利用者からの情報を相関分析することで、ユーザーごとに異なる環境でも最適な端末の利用をできるようにする。同社が直接展開するほか、パソコンベンダーや通信事業者などの連携を図る。


カシオ計算機 印字速度2倍のラベルプリンター

 カシオ計算機は、ラベルライター「ネームランド」の新モデルKL-G2を発表した。
 印字品質はそのままに、従来モデルと比べ印字速度が2倍にアップ。ラベル作成時間を短縮することで業務も効率的になる。
 シールにのみ切り込みを入れ、台紙から剥がしやすくした。
 バックライト付き液晶を採用。見やすい画面で表示内容や文字が確認しやすく、ラベル作成がはかどる。


用語解説 BSデジタル放送・110度CSデジタル放送

 衛星を使い放送波を発信するテレビ放送のことで、BSはBroadcast Sateliteの?区で「放送衛星」を指し、CSはCommunication Sateliteの略で「通信衛星」を指す。110度CSデジタル放送は数あるCSの中で東経110度にある通信衛星のことを指している。
 BSデジタル放送(BSAT-3aによる放送)はNHKをはじめ各民放の衛星放送やWOWOW、スターチャンネルなどの番組が視聴できる。無料放送であれば、BSアンテナとチューナーがあれば受信して楽しむことができる。
 110度CSデジタル放送(N-sat-110による放送)はスカパーJSATが運営している有料放送「スカパー!」が視聴できる。スカパー!は約70チャンネルの有料チャンネルがあり、月額課金で様々なコンテンツが楽しめる。
 現在、多くのテレビはBSと110度CSデジタルチューナーを内蔵している。BSと110度CSの衛星の方向がほぼ同じコトから、1つのアンテナで2つが視聴可能。


電波新聞拾い読み 2014年8月7日