トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年7月24日

電波新聞拾い読み 2014年7月24日

30日から「PV Japan」

 太陽光発電協会(JPEA)は23日、東京ビッグサイトで30日から開催する太陽光発電関連の総合展示会「PV Japan 2014」の開催概要を発表した。160社/団体が出展し585小間の規模で開催。会期は30日から8月1日まで。
 会場では国内外の太陽光メーカーやインストーラ、関連製品メーカーなどのほか、大学・研究機関など幅広い分野から新製品・技術が展示される。


6月の民生用電子機器国内出荷 0.5%減1127億円

 電子情報技術産業協会(JEITA)が23日発表した6月の民生用電子機器国内出荷動向によると、出荷金額は前年同月比0.5%減の1127億円で、3カ月連続のマイナスとなった。
 映像機器分野では、薄型テレビの出荷台数が同6.6%増の45万6000台と、4カ月ぶりにプラスに転じた。特に画面サイズ50インチ以上の大型テレビが好調で、同27.9%増の6万3000台を記録、全体の13.7%を構成した。
 3Dテレビ出荷台数は同9.6%減の7万1000台。インターネット対応は同19.2%減の17万6000台。高精細4Kテレビは3万1000台、薄型テレビ全体に占める割合は6.7%となった。
 このほか映像機器では、BDレコーダ/プレヤー、DVDビデオ、デジタルビデオカメラいずれもマイナス。
 音声機器は、ラジオ受信機が同10.1%増の12万3000台と5カ月連続プラス、スピーカシステムも同12.3%増を示したが、ICレコーダ、ステレオセットは減少。
 カーAVCは、カーDVDが同73.2%増を記録したほかは、カーナビ、CDプレヤー、ETC車載ユニットともマイナス。


アイコム アマ無線用デジタルトランシーバ 50周年記念モデル

 アイコムは8月下旬、ハンディタイプのアマチュア無線用デジタルトランシーバ「ID-51」の50周年記念モデルを発売する。価格は5万4800円(税別)。
 発売するのは、アマチュア無線のデジタル通信D-STARの人気ハンディ機。アナログレピータの自動リストアップ&簡単設定機能や、従来の約3倍のデータ通信速度を実現するDVモードのFastデータ通信機能を搭載。AndroidアプリRS-MS1A(フリーウエア)にも対応する。
 ボディーカラーもレッド/ターコイズ/ライム/ホワイト/ブラックの5色を取りそろえ、各1000台の全世界限定5000台で発売する。


ソニー バックアップ用SDカード

 ソニーは、バックアップSDカードに新たに大容量モデルを追加。メールデータの定期バックアップの機能を初めて搭載した「SN-BA Fシリーズ」4機種を8月27日に発売する。
 新シリーズは、パソコンに挿入しておくと、あらかじめ指定したフォルダ内のファイルを更新するたびに、自動でデータを暗号化してバックアップする。
 様々な用途に対応する容量ラインアップを用意した。手軽な16GBから32GB、64GBに加え、128GBの大容量モデルを新たに追加した。
 市場想定価格は16GBが4000円前後、32GBが7000円前後、64GBが1万4000円前後、128GBが2万7000円前後。


東北総合通信局 イベント用FM局に予備免許

 東北総合通信局は、大曲の花火ウィーク実行委員会から解説申請のあったイベント用FM放送局(臨時目的用超短波放送局)に、予備免許を付与した。
 大曲の花火ウィーク期間中(8月17-23日)、商店街が1週間にわたり開催する様々なイベントの周知・PRや周辺道路の渋滞緩和のため、交通情報などを一般市民や観光客へ情報提供する。
 識別信号は「だいせんイベントエフエムほうそう JOYZ2AS-FM」。放送区域は秋田県大仙市の一部で、周波数は87.3MHz。


用語解説 DNS

 Domain Name System/Domain Name Server(ドメイン・ネーム・システム/ドメイン・ネーム・サーバー)。インターネット上のコンピュータの名前であるドメイン名を住所であるIP(インターネット・プロトコル)アドレスに変換するシステムを指す。
 ドメイン名は「.(ドット)」で区切り、階層別に識別できるようになっており、一番右側のトップレベルドメインには、日本であれば「.jp」といった国や商用を表す「.com」が付く。その左横には、企業であれば「.co」、官公庁であれば「.go」、学校であれば「.ac」などのドメインで区分けしているのが一般的。
 もともとコンピュータはIPアドレスでコンピュータ間の住所の識別などを行う。現状はIPv4やIPv6といった数字の羅列となるため、人間が識別することが難しい。そのため、ドメイン名で管理運用できるようにした。DNSはこれらの機械語と人間語との変換を行うために設置されている。現在、日本での「.jp」ドメインのDNSサーバーは7組織で運用されている。


電波新聞拾い読み 2014年7月24日