トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年7月23日

電波新聞拾い読み 2014年7月23日

6月白モノ国内出荷 前年比減も12年上回る

 日本電機工業会(JEMA)が22日に発表した6月の民生用電気機器の国内出荷金額は、前年比6.8%減の2507億円となり、2カ月連続のマイナスとなった。
 6月は天候不順に加え、消費増税による駆け込み需要の影響により、早くから暑くなった昨年には及ばないものの、全体では12年を上回る実績となった。
 製品別の出荷金額ではルームエアコンが前年比7.2%減の1192億円と2カ月連続のマイナス。冷蔵庫は同7.6%減の448億円となり8カ月ぶりに減少したほか、洗濯機は同7.9%減の245億円と9カ月ぶりにマイナスに転じた。その他の主要製品も前年実績を下回っている。


オーディオ・ホームシアター展2014 10月17日から東京・青海で

 日本オーディオ協会(JAS)は、日本最大のオーディオの催し「オーディオ・ホームシアター展2014」の会場となる東京都江東区青海の「タイム24」で会見を開き、概要を明らかにした。
 開催テーマは「ハイレゾリューションオーディオ(音源とその技術)」。会期は10月17日から19日。出展は85社・団体。来場2万人を見込む。
 「会場ではJASが定義したハイレゾオーディオの意義を語り、お見せし、お聴かせしたい」と校條会長。「4K、8Kなど音と映像の近未来を感じていただく世界初のハイレゾ・AV展となる」と強調した。
 会場のタイム24は昨年から利用しており、ゆりかもめのテレコムセンター駅と、りんかい線の東京テレポートが最寄り駅になる。


6月の電力需要 販売電力2カ月連続減

 電気事業連合会(電事連)が22日発表した6月の電力需要実績(速報)によると、電力10社の販売電力量の合計は前年同月比1.7%減の627億9200万kW時と2カ月連続で前年実績を下回った。
 6月中旬の気温が前年に比べて低めに推移して冷房需要が減使用したため、販売量は全社でマイナスだった。


6月の国内PC出荷実績 14%減80万2000台

 JEITAが22日発表した6月の国内PC出荷実績は80万2000台で、前年同月比14%減。内訳はデスクトップ25万4000台(6.4%増)、ノート型54万8000台(同21%減)。全販売台数に占めるノート型の比率は68.4%だった。
 第1四半期の出荷台数は263万1000台で前年同期比14.8%増。デスクトップ型の出荷台数は77万4000台(前年同期比19.7%増)、ノート型は1857万台(同12.9%増)。
 XPのサポート終了に伴う法人向けリプレース需要が好調。このため13年7-9月以降、4四半期連続で前年を大きく上回った。


ティアック PCMレコーダ「DR-05 VERSION2」

 ティアックはもTASCAMブランドのリニアPCMレコーダ「DR-05 VERSION2」を今月下旬に発売する。市場想定価格は1万1800円前後。
 新モデルは「DR-05」に、オーバーダビングやリバーブエフェクトなど5つの新機能を追加した。また、デジタル一眼レフカメラ、ビデオカメラ撮影時の音声録音用として使われることも多いため、動画ファイルとの位置合わせに便利なオートトーン機能が搭載された。
 簡単に高音質録音できるオートレック機能、オートマーク機能も搭載。操作を自動化することができるため、様々なシチュエーションで簡単に使うことができる。


用語解説 クラウドコンピューティング

 クラウドコンピューティングは、サーバーやストレージ(外部記憶装置)、ネットワークなどのITインフラや業務ソフトをインターネット経由で自由に使えるようにする仕組みのこと。
 クラウドという言葉は、06年にグーグルのエリック・シュミットCEOが提唱したのが最初といわれている。クラウドには、ソフトをサービスとして利用するSaaS(Software as a Service)やハードなどを利用するPaaS(Platform as a Service)、ITインフラを利用するIaaS(Infrastructure as a Service)などが含まれる。
 クラウドにはグーグルやセールスフォース・ドットコムなどが提供しているサービスのように、システムベンダー側のサービスを複数企業が共同利用する「パブリッククラウド」と、自社専用のシステムをクラウド環境で使えるようにする「プライベートクラウド」がある。


電波新聞拾い読み 2014年7月23日