トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年7月21日

電波新聞拾い読み 2014年7月21日

10月に幕張でCEATEC JAPAN

 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)と電子情報技術産業協会(JEITA)、コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、10月7日から11日までの5日間、幕張メッセでIT・エレクトロニクス関連の展示会「CAETEC JAPAN 2014」を開幕する。
 今回の開催テーマは「NEXT 夢を生み出し、未来を描け」。ITやエレクトロニクス産業の幅広い分野で最先端技術とイノベーションを集結、業界展望と可能性を描くことを目指す。医療・ヘルスケア、自動車、エネルギーなどの他分野との連係や市場の垣根を越えた融合を図りビジネス機会の創出につなげる。


秋葉原ラジオ会館 本館オープン

 秋葉原電気街口前広場に、秋葉原ラジオ会館本館が20日オープンした。東日本大震災による建物の劣化で11年に旧会館を閉鎖し建て直していた。
 正面に「世界のラジオ会館秋葉原」の大看板が掲げられている新会館は地上10階。地下2階。延べ床面積10万830平方メートル。1階のコンビニ、地下の飲食店を含め31の店舗が入居した。
 電気関連はプロ音響機器のトモカ電気本社と店舗。旧会館に店を構えていた。電子部品の若松通商、中古AV機器の清進商会、音響機器のインパルス、防犯機器の永保堂の5社。模型、ホビー、フィギュア、アニメ、トレーディングカードなどサブカルチャ系が主で、10階にはイベントスペースが設けられている。
 アキバは電気製品・電子部品の街と、ゲーム、アニメやホビーなど新文化の聖地としての性格を持ち、国際的な観光名所になっている。地元では「新会館ができ駅前広場が一段と明るくなった」と歓迎している。旧会館7階に掲げられていた”パーソナルコンピュータ発祥の地”のプレートは「一段落したら設置する予定」(ラジオ会館)。


富士通 半導体の生産から撤退

 富士通が、半導体の生産拠点である三重工場(三重県桑名市)と会津若松工場(福島県会津若松市)を海外企業に段階的に売却することが18日、わかった。半導体業界では設計・開発と生産の分業化が進んでいる。富士通は市況の波が大きい半導体の生産から撤退し、技術力を生かせる設計・開発に特化する方針。


米マイクロソフト 1万8000人削減

 米マイクロソフトは17日、全世界の従業員の約14%に当たる最大1万8000人を2015年にかけて削減する方針を発表した。フィンランドの通信機器大手ノキアのスマホ事業買収で従業員数が膨らんだことから、スマホ事業を中心に組織の効率化を図り、早期に相乗効果を発揮できる体制を目指す。
 マイクロソフトはノキアの事業買収を4月に完了。ノキア従業員約2万5000人も同時にマイクロソフトに移ったため、全世界のマイクロソフト従業員数は12万7000人に膨らんだ。今年就任したナデラ最高経営責任者(CEO)は、今回の大型リストラにより、出遅れているスマホ事業の巻き返しを図る考え。


リコー 光学52倍ズームデジタルカメラ

 リコーイメージングは、光学52倍ズームの超高倍率レンズを搭載したデジタルカメラ「PENTAX XG-1」(市場想定価格3万9500円)を8月8日から発売する。
 新製品は、日常のスナップから旅行、スポーツ撮影など様々なシーンで活躍するモデルとして開発した。携帯しやすい小型軽量ボディーに超広角24mmからの光学52倍ズームレンズを搭載。有効約1600万画素の高精細画像を、大きくても見やすい3.0型液晶モニターなど、充実した基本性能を備えた。
 また、望遠撮影時やフラッシュOFF時撮影、夕暮れの手ぶれを起こしやすい撮影条件でも、効果的に手ぶれを軽減できる。被写体に最短1cmまで近づいて、迫力ある近接撮影ができる。露出の異なる3枚の画像をカメラ内で合成し、長ワイドな階調の画像に仕上げる機能も搭載している。


用語解説 プローブ

 測定器と被測定物とを接続するもので「探針」と訳される。オシロを扱う上で、重要な要素にプローブが挙げられる。正確な測定のために、オシロにあったプローブや測定要求や測定アプリケーションにあったプローブの選択が大切とされる。
 プローブには電圧プローブと電流プローブが多く利用されている。それぞれのプローブには、信号調整回路網の構成要素に、トランジスタなどの能動素子を含む能動型(アクティブ・プローブ)、能動素子を含まない受動型(パッシブ・プローブ)がある。使用するオシロや測定目的に合わせたプローブを選択。メーカーが推奨するプローブの選択が望ましいとしている。
 プロービング(測定のためプローブを接続する)は、回路の流れの中にバイパスを作るようなもので、接続するプローブによっては回路に影響を与えかねない。
 高い周波数帯域の測定、部品の微細化に伴う接続が難しいポイントでのプロービングは困難が伴う。優れた信号忠実度に対してフィクスチャ(据え付け台)など多彩なオプションが用意されている。


電波新聞拾い読み 2014年7月21日