トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年7月14日

電波新聞拾い読み 2014年7月14日

次世代携帯割当基準見直し

 電波の有効利用を審議している総務省の有識者会議は11日、中間報告をまとめ、携帯事業者に周波数帯を割り当てる際の基準を見直す方針を決めた。これまでの基準に比べて、複数の関係企業による申請条件をより厳しくした。
 これにより、ソフトバンクと傘下のワイモバイル(7月1日にイーアクセスから社名変更)の同時申請は不可能となり、ワイモバイルの次世代携帯への参入は先送りされる見通し。


ブラサー販売 NFC搭載のラベルプリンタ

 ブラザー販売は業界で初めて近距離無線通信技術「NFC」を搭載したラベルプリンタ「ピータッチPT-P750W」を8月1日に発売する。
 NFC対応のAndroid端末を製品にかざすだけで、端末と製品が1対1でWi-Fi接続できる「タッチ&コネクタ」機能を備える。無線LAN対応で、PCからのラベル印刷はもとよりスマホやタブレットにモバイルアプリをインストールすると、端末画面でラベル作成ができる。


LGディスプレー 折り曲げ可能な18インチ有機ELパネル

 韓国のLGディススプレーは世界で初めて、折り曲げ可能な18インチ有機ELパネルと、同サイズの透明有機ELパネルの開発に成功したと発表した。
 18インチの折り曲げ可能な有機ELパネルは、約100万画素のHD解像度(1200×800)で、曲率半径30R(R=ラジアン)を実現。半径30mmの円筒形に丸めても、ディスプレイの動作には支障がないという。
 この高い曲率半径を達成するために。同社は今回、基板にポリイミドフィルムを採用。その上に薄膜トランジスタをエッチング、有機ELセルを蒸着した。
 一方、透明有機ELパネルは、独自の透明画素設計技術を使用し、透過率30%以上を実現。さらに、透明度の高いTFT材料を使用することで、ヘイズ値(濁度)を2%まで低減することに成功した。


用語解説 IPアドレス

 インターネットに接続する機器に割り振り、識別するために使われる番号のことで、インターネット接続をする機器にはすべてIPアドレスが付与される。
 IPアドレスには「IPv4(Internet Protocol version4)」と「IPv6」がある。IPv4は32ビットの番号を使って割り振っているが、この方法の場合、インターネット上に接続できるコンピュータは約43億個しか認識できないため、1994年にv6が登場した。v6は128ビットのアドレスフィールドで、セキュリティなどの機能も持つ。
 アドレス数は2の128乗個。3.4×10の38乗個で、340澗(カン:340兆の1兆倍の1兆倍)という計算になり、ほとんど無限に使いアドレスを確保できる。地球上の砂の一粒一粒にアドレスを割り振っても大丈夫なほどだともいわれる。
 IPv4は、11年2月3日に中央在庫が枯渇。同4月にはアジア太平洋地域も枯渇した、対策は配布済みのv4を有効に活用するほか、v6への移行を進めることなどが挙げられている。


電波新聞拾い読み 2014年7月14日