トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年5月30日

電波新聞拾い読み 2014年5月30日

NTTドコモ 6月10日からiPad販売

 NTTドコモは28日、米アップルのタブレット端末「iPad」の販売に参入することで、同社と合意したと発表した。6月2日から予約を受け付け、同10日から販売する。
 ドコモが扱うiPadは、液晶画面9.7インチの「Air」と、7.9インチの「mini Retina(ミニ・レティナ)ディスプレイモデル」の2種類の携帯回線対応モデル。


中国の携帯利用が減速

 中国工業・情報化部は4月の中国通信サービス業界の業績を発表した。今年になった携帯電話の利用状況が低迷し始めて、携帯電話サービス市場の高成長はいよいよ終焉に近づいたとみられる。
 4月末時点の中国の携帯電話利用者数は12億5200万人に達した。1-4月の4カ月で合計2275万4000人が新たに増えた。しかし、4月単月ではわずか344万2000人増で、12年以来、月ベースで最低の増加。これまで高成長が続いていた中国携帯電話サービス市場も、次第に飽和期を迎えつつある。


用語解説 MIMO(マイモ)

 MIMOとは、マルチインプット・マルチアウトプットの略。無線データ用の性能を向上させる信号処理を含むアンテナ技術。
 複数のアンテナを使って、同一周波数帯でデータの送受信を行う。通信速度の高速化が可能になるとともに、障害物が多く存在する環境において送受信が安定する。
 2×2MIMOは送信アンテナ、受信アンテナを2本ずつ使用する。4×2などもある。
 ユーザーデータは2つのデータに分割され、2つの分離したアンテナに供給、その後2つのRXアンテナで受信して統合する。
 54Mbpsの2つのアンテナでデータ通信を行うと、理論値では2倍の108Mbpsを実現する。
 無線LANやLTE、LTEアドバンスド(LTE-A)で使用される。
 LTEは、4つの送信アンテナと2つの受信アンテナを使う4×2MIMOをサポートしており、ダイバーシティのパフォーマンスを改善する。


電波新聞拾い読み 2014年5月30日