トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年5月15日

電波新聞拾い読み 2014年5月15日

米AT&T ディレクTV買収で交渉中

 米ウォールストリートジャーナル紙は12日、米AT&Tが衛星放送会社ディレクTV買収で交渉中と報じた。


JAIA定時総会 新会長に井上アイコム会長

 日本アマチア無線機器工業会(JAIA)の第44回総会が15日、横浜市で開かれ、前年度の事業報告と新年度事業計画が承認され可決された。
 役員改選も行われ、新会長にはアイコムの井上徳造会長が選出された。新会長は「前任の相神一裕会長の就任期間に、アマ無線市場反転が実現した。しっかり引き継いで、発展のため努力したい」と抱負を述べた。
 来賓の日本アマチュア無線連盟(JARL)、日本アマチュア無線振興協会(JARD)からも、資格受験者の増加や若年層の大幅増大など、明るい話題が披露された。


用語解説 SACD

 Super Audio Compact Discの略。ソニーとフィリップスが99年に規格化したCD規格の一つで、CDと同一の120mmの光ディスクにより大容量の音楽データを収録できるため、高音質で音楽が楽しめる。
 CDの記録容量が約700MBに対し、SACDは4.7GBの容量を記録できる。DVDが片面1層で4.7GBの記録容量を持つため、CDよりはDVDに近いが、互換性はない。
 オーディオのデータはDSD(デジタルストリーミングデジタル)という方式を採用しており、CDと比べてより原音に近い音の再生ができる特徴がある。
 CDとデータ規格が違うことから通常のCDプレーヤで再生することはできないが、1層に従来のCDと同じデータ規格で記録し、2層にSACDのデータを記録することで、通常のCDプレーヤで再生できるものもある。
 クラシックやジャズなどコンテンツも充実しており、ハイエンドオーディオを楽しむユーザーから評価を得ている。専用のプレーヤも発売されている。


電波新聞拾い読み 2014年5月15日