トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年4月22日

電波新聞拾い読み 2014年4月22日

13年度白モノ家電国内出荷 9.3%増、2兆4218億円

 日本電機工業会(JEMA)は21日、13年度の白モノ家電の国内出荷額が前年比9.3%増の2兆4218億円になったと発表した。2年連続のプラスで、夏の猛暑・残暑や消費税増税前の需要増によりエアコンや冷蔵庫、洗濯機などが好調だったほか、住宅着工件数の増加で換気扇や食器洗い乾燥機など住設関連が伸びた。
 3月単月では国内出荷は前年比19.1%増の2418億円。5カ月連続の2桁増だったが、増税前の需要増に対する出荷としては一段落したこともあり、伸びは鈍化した。


3月の民生電子機器国内出荷 2.8%増、1348億円

 電子情報技術産業協会(JEITA)が21日発表した3月の民生用電子機器国内出荷金額は、前年比2.8%増の1348億円と3カ月連続で増加した。
 映像機器は同5.0%減と3カ月ぶりのマイナスとなったが、16カ月ぶりにプラスとなった音声機器や8カ月連続で増加しているカーAVC機器がけん引し全体を引き上げた。


用語解説 ホームベーカリ

 ホームベーカリは、家庭でパンを焼くための家電製品。小麦粉などの材料を内釜に投入すると、練りといった生地の生成や発酵の温度調整、焼き上げを行い、自動で手作りパンを焼き上げることができる。
 一般的な食パンから、ライ麦パンやごまパンなどさまざまな材料を混合して独自に味付けしたパンも作れる。発酵までの機能を使い、手作りパンやピザの生地作りに利用する場合もある。1斤から1.5斤程度のサイズを焼き上げられる製品が中心。
 ホームベーカリ市場は05年以降に拡大基調に入り、毎年2桁ベースで市場は伸長。10年11月には三洋電機(現パナソニック)がお米からパンを焼き上げる「GOPAN(ゴパン)」を発売し、さらなるブームを巻き起こした。
 タイガー魔法瓶や東芝ホームアプライアンス(現東芝ライフスタイル)など、12年頃から参入メーカーが増えたほか、日立アプライアンスはホームベーカリ機能を融合したオーブンレンジを製品化するなど、市場では製品の多様化も進んでいる。


電波新聞拾い読み 2014年4月22日