トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年3月13日

電波新聞拾い読み 2014年3月13日

ソニー スマホ急速充電のモバイルバッテリ

 ソニーは、モバイルバッテリの新モデル「CP-V3A」「CP-V4」を4月から順次発売する。
 2モデルともに最大5V/1.5AのUSB出力対応で、スマホを急速充電できる。電池の残量目安は、ランプの点滅回数(4段階)で表示する。
 「V3A」は、コンパクトなスティックタイプ。同社従来モデルと比べて同体積、同質量でありながら、内蔵電池容量を7%アップさせた。3000mAhのリチウムイオンポリマー電池を内蔵。スマホを約1回分充電できる。市場想定価格は2600円前後。
 「V4」は、高さ約9.8cmのフラットデザインを採用した。3800mAhのリチウムイオンポリマー電池を内蔵し、スマホを約1.5回分充電できる。市場想定価格は3200円前後。


アイオーデータ 無線LANルーター新モデル2機種

 アイオーデータ機器は、無線LANルーターの新モデルとして、「WN-AC1600DGR2」と、「WN-AC733GR2」の2機種を3月中旬から発売する。
 「AC1600DGR2」は、「11ac」をはじめ、全てのWi-Fi規格に対応したプレミアムモデル。1300Mbpsの圧倒的な高速通信で、初回のWi-Fi設定を簡単にした。スマホやタブレットなら「NFC」や「QRコード」を読み取るだけで設定でき、パソコンやゲーム機なら押すだけで接続できる。価格は1万5700円(税別)。


13年国内タブレット端末出荷 前年比67%増、743万台

 IDC Japanが発表した13年の国内ブレット端末の出荷実績によると、個人市場向けで低価格からハイエンドまで幅広く出荷が増加したこと、法人市場向けでiOS端末の買い替え需要とWi-Fi対応の新規需要が堅調だったことから、前年比67.2%増の743万台となった。
 ベンダー別では、年間通して「iPadシリーズ」が好調だったアップルが、シェア43.8%で1位となり、2位は前年第4四半期のシェア順位と同様、エイスースが17.1%を獲得した。3位以下は、ウインドウズ端末が好調だったマイクロソフト、アマゾン、ソニーと続いた。


イッツコムとCCJ 災害時の相互支援で協定

 イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム、東京都世田谷区)とCCJ(三重県四日市市)の両CATV会社は、非常時において相互が援助し合う「非常時における相互協力協定」を結んだ。
 今回の協定は、いずれかの拠点を含む地域で災害が発生した場合、「お互いさま」の精神で、両社が協力し合い、被災した側の企業が速やかに事業継続できるよう応援することを目的にしている。


電波新聞拾い読み 2014年3月13日