トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年2月27日

電波新聞拾い読み 2014年2月27日

スマートエネルギーWeek2014

 太陽光発電やスマートグリッド、二次電池などエネルギー関連の8つの展示会からなる「スマートエネルギーWeek201」が東京・有明の東京ビッグサイトで26日開幕した、会期は28日まで。


J:COM/JCN 4月1日付けで合併

 ジュピターテレコム(J:COM)とジャパンケーブルネット(JCN)は26日、4月1日付けで合併し、ブランドを「J:COM」に統一すると発表した。両社は13年11月19日に経営統合を発表している。
 4月1日の合併に伴い、J:COMが存続会社となり、JCNは本社機能を東京都千代田区丸の内のJ:COM本社に集約する。新生J:COMの社長には、現J:COMの牧俊夫社長が就任する。


ニコン 一眼レフカメラ旗艦モデル

 ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラの新たなフラグシップモデル「ニコン D4S」を3月6日発売する。市場想定価格は本体のみ65万円前後。
 AF性能は、プロの高度なカメラワークを想定し、最適化したアルゴリズムを採用。撮影画面内に突然入ってくる被写体を正確につかむAF初動と、被写体が高速で接近し、フレームいっぱいの構図になっても追従し続ける正確性を高めている。
 また、「グループエリアAF」を新たに搭載したほか、AF・AE追従で約11コマ/秒の高速連続撮影により、撮影ワークフローの高速化を実現した。画質は、新画像処理エンジン、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサーにより、従来よりも高い鮮鋭感と立体感、自然な肌のトーンを実現した。
 さらに、プロが求める高度なワークフローを考慮し、改良を重ねることで利便性を高めた。動画では、「EXPEED 4」により、全感度域(ISO200-25600)でノイズを抑え、滑らかで豊かな階調表現ができる。


電波新聞拾い読み 2014年2月27日