トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年2月17日

電波新聞拾い読み 2014年2月17日

東芝 5TBの3.5型HDD

 東芝は、ニアライン向け3.5型HDDで、ヘリウムガス充填以外の製品としては業界最大容量となる5TBを実現した新製品を発表した。SASインターフェイスの「MG04SCAシリーズ」とSATA対応の「MG04ACAシリーズ」の2種で、容量2TBから5TBまで計16製品をラインアップ、2月下旬からサンプル出荷を開始する。
 ニアラインは、オンラインとオフラインの中間の役割を担うストレージ。データセンターや大型サーバーなどで使用される。新製品は、ディスク媒体の磁気記録層とヘッドの機能向上によって高記録密度化を図り、ディスク1枚当たり最大1TBの記憶容量を実現した。


キヤノン 高性能一眼レフカメラ「EOS Kiss X70」

 キヤノンは、簡単な操作で本格的な静止画・動画撮影を楽しめるエントリユーザー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X70」を3月下旬から発売する。
 人物、自然や屋外、夕景などのシーンを認識して、写真を美しく仕上げるシーンインテリジェントオート機能を搭載。撮影した画像に「魚眼風」「ジオラマ風」など5種類の特殊効果を加えられるクリエイティブフィルター機能を搭載し、ユーザーの感性に応える写真を簡単な操作で得ることができる。
 上位機種に全面/背面ともにラバーグリップを採用したことで、グリップ時のホールド性を高めると同時に、一眼レフカメラにふさわしい高級感を実現している。
 オンラインショップの直販価格は、ボディー単体5万800円、レンズキット6万800円。


オリンパス イーグルズアイ内蔵レンズ一体型デジカメ

 オリンパスイメージングは、照準器を装備したレンズ一体型デジタルカメラ「SP-100 EE(ダブルイー)」を3月下旬に発売する。市場想定価格は5万5000円前後。
 35mm判換算で広角24mmから1200mmをカバーする光学50倍の強力なズームレンズを搭載。一度きりのシャッタチャンスを逃さないために、超望遠の撮影をより確実にするイーグルズアイ(ドットサイト照準器)を世界で初めてカメラに内蔵し、快適で確実な高倍率撮影ができる。
 快適なファインダ撮影スタイルを追求したボディーデザイン。ホールド性を高めたグリップは、握った手指をしっかりとらえ長時間使っても疲れない。コントロールダイヤルや左手で操作できるフォーカスボタン、サイドズームレバーが素早い操作を実現した。
 高画質と高速駆動を実現する画像処理エンジンと、高感度・低ノイズの「裏面照射型CMOSセンサー」で、夜景や逆光など難しいシーンも撮影できる。


NHK技研公開 5月29日から4日間

 NHK放送技術研究所が日頃の研究成果を披露する恒例の「技研公開」が5月129日から6月1日まで、東京都世田谷区砧の同研究所内で開催される。
 68回目となる今年のテーマは「ココロ動かすテクノロジー」。放送と通信融合のサービスを実現した「ハイブリッドキャスト」、20年の本放送開始予定のスーパーハイビジョン(SHV)、SHVの次世代技術である立体テレビの研究など、約35項目にわたる日頃の研究成果が展示される。
 NHKでは専門家だけでなく、広く学生や一般視聴者の見学を呼びかけている。


電波新聞拾い読み 2014年2月17日