トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年2月6日

電波新聞拾い読み 2014年2月6日

米HDD2社 10-12月決算で明暗

 米ハードディスク(HDD)大手、ウエスタンデジタル(WD)とシーゲイト・テクノロジーの13年10-12月決算は、WDが増収増益、シーゲイトが減収減益で明暗を分けた。
 WDの売上げは、前年同期比4%増の39億7200万ドル、純利益は同28%増の4億3000万ドル。HDD出荷数は同7%増の6310万個となった。
 最大の市場であるPC向けの出荷数はデスクトップが同5%減と低迷したが、ノートPC向けは同6%増の2266万個を記録した。PC以外では、ゲーム機を含む民生電子向けが同36%増、エンタープライズ向けも同17%増。自社ブランドのストレージ製品向けは、前年同期実績は下回ったが、前期比ベースで14%増と回復を示した。
 一方、シーゲイトの売上高は前年同期比4%減の35億2800万ドル、純利益は同13%減の4億2800万ドル。HDD出荷数は同3%減の5660万個にとどまった。
 エンタープライズ、民生電子、ブランド製品向け出荷は増加したが、PC向けが振るわず。デスクトップ12%減の1920万個、ノートPC向けは同2%減の1690万個となった。
 WDの推計では、10-12月の業界全体のHDD出荷数は1億4220万個で、同社のシェアは44.4%に達するという。また、これを基に算出すると、シーゲイトのシェアは約40%となる。


米マイクロソフト ゲイツ会長退任

 米マイクロソフト(MS)は4日、創業者のビル・ゲイツ会長が退任すると発表した。技術担当の相談役として取締役にはとどまる。一方、同日付で最高経営責任者(CEO)にクラウド・法人部門責任者のサトヤ・ナデラ執行副社長を起用。経営体制を大幅に刷新し、出遅れた携帯端末分野の立て直しを急ぐ。
 後任の会長には元米IBM幹部でMS社外取締役のジョン・トンプソン氏が就任する。ゲイツ氏は08年に経営の一線から退いたが、依然として社内に強い影響力を持っていた。このため、パソコン市場に依存した事業構造の見直しを進める妨げとなっているとして、大株主の一部から会長退任を求める声も出ていた。今後は技術面でナデラ新CEOを支える。
 ナデラ氏はインド出身。米サン・マイクロシステムズ(現オラクル)を経て92年にMSに入社。11年にサーバー事業担当社長に就任し、サーバー事業の売上高拡大に手腕を発揮した。


バッファロー 情報漏洩防止機能搭載のUSBメモリー

 バッファローは、情報漏洩を防ぐハードウエア暗号化機能を備えたUSBメモリー「RUF3-HSLシリーズ」4モデルを今月中旬に発売する。
 新製品は、プライバシーやビジネスに関するデータを他者に見られずに安全に保存・携帯したい個人向けのセキュリティUSBメモリー。データが入った状態で紛失・置き忘れ・盗難にあった場合でも、保存してあるデータは「強制暗号化機能」によりハードウエア上で強制的に暗号化され、情報を読み取られる心配がない。
 採用している暗号化方式「AES」は解読が困難とされ、アメリカ政府でも採用された実績を持ち、機密情報の保護に広く用いられている。
 価格は「RUF3-HSL32G」(32GB)が2万3310円、「同16G」(16GB)が1万7745円、「同8G」(8GB)が1万3230円、「同4G」(4GB)が8925円。


オンキヨー 10.1インチAndroidタブレット発売

 オンキヨーデジタルソリューションズは、5GHz帯ワイヤレスLAN対応の10.1インチAndroidタブレット「TA2C-A41R3-2」を7日から発売する。直販価格は税込み2万8875円。
 「TA2C-A41R3-2」は、10.1インチ1280×800ピクセルのIPS液晶ディスプレイと、1.6GHz駆動のデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidタブレット。OSはAndroid4.1を搭載しているが、Google Playには対応していない。
 5GHz帯のWi-Fiにも対応したことで、2.4GHz帯に比べて混信が少なく、快適にインターネットを利用できる。メモリーは1GB RAM(DDR3)と16GB ROM(Micro SDカード対応)を搭載。カメラは背面に200万画素と前面に30万画素を備えている。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、ブルートゥース4.0+HSに対応している。


東芝HA 縦型洗濯乾燥機を無償で点検・修理

 東芝ホームアプライアンスは4日、05年7月から11年11月に生産した縦型洗濯乾燥機で、本体内部の配線が断線し運転中に発煙・発火する可能性があるとして、無償での点検・修理を実施すると発表した。
 期間中に生産した「AW-70VB」など29機種、58万2077台および無印良品ブランドで10年1月から11年4月まで販売した「M-AW80A」1598台が必要。
 東芝の家電製品のサービス部門である東芝テクノネットワークの技術者らが配線の交換やクッション材の変更、延焼防止対策として配線下に不燃布および不燃シートの追加を行う。


電波新聞拾い読み 2014年2月6日