トップページ > 電波新聞拾い読み > 2014年1月31日

電波新聞拾い読み 2014年1月31日

レノボ モトローラ・モビリティ買収

 中国のレノボ(聯想)は29日、米グーグル傘下のスマホメーカー、モトローラ・モビリティを買収すると発表した。これにより、レノボは北米や欧州でのスマホ事業を強化し、世界市場における競争力拡大を図る。
 レノボは05年にIBMから個人向けPC事業を買収。「ThinkPad」ブランドを展開し、現在では米ヒューレット・パッカードを抜いてPC出荷で世界首位に立つ。しかし世界的にPC市場が縮小する中、事業多角化を急いでおり、最近ではIBMからx86サーバー事業を23億ドルで買収する計画を発表。エンタープライズ分野強化を打ち出したばかり。
 今回、買収するモトローラ・モビリティはハイエンド携帯電話で世界をリードしたモトローラが前身。米アップルや韓国サムスン電子の台頭で市場競争が激化する中、急速に競争力を失い、12年にグーグルにより125億ドルで買収された。
 以後も、モトローラの業績不振は続いているが、米国でのブランド力は健在で、アンドロイド・スマホ出荷で国内3位、南米ではスマホ市場全体で第3位につけている。


パナソニック ライカDCレンズ搭載のデジカメ

 バナソニックは、ファインダを内蔵した光学30倍ズームの高倍率・高画質コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ60」(市場想定価格4万8000円前後)を2月13日に発売する。
 新製品は、ライカDC VARIO-ELMAR(バリオ・エルマー)レンズを搭載、コンパクトなサイズで広角24mmからの光学30倍ズームを実現した。被写体から3cmの距離でのマクロ撮影にも対応し、幅広い撮影シーンを1台でカバーできる。
 夜景や室内での撮影に強い1810万画素の高感度MOSセンサー、高度な画像処理を可能にしたヴィーナスエンジン、光学式手ブレ補正機能の搭載により、望遠撮影だけでなく、夜景や室内、暗いところなどの幅広い撮影シーンで活躍する。
 また、同社TZシリーズでは初めてファインダ(EVF、0.2型約20万ドット)を搭載し、液晶モニターだけでは確認しづらい晴天下での撮影でも、構図をしっかり決めて撮影できるようにした。
 動画撮影では、高画質にAVCHD Progressive動画に対応。
 GPSとGLONASS搭載により、旅先での撮影時に好評な位置情報記録機能や、撮影した写真・動画をスマホやSNSに簡単転送・シェアできるWi-Fi機能とタッチで接続できるNFC(近距離無線通信)を搭載。


パイオニア 世界最軽量のBDライター

 パイオニアは、世界最軽量のクラムシェル型ウインドウズ用ポータブルBD/DVD/CDライター「BDR-XD05J」(市場想定価格1万円前後)を今月下旬に発売。
 「BDR-XD05J」は、小型軽量で持ち運びやすく、BDディスクのほか、全てのBDXLディスクへの記録と再生ができる。高速データ転送が可能なUSB3.0に対応。
 また、オーディオCDのデータを忠実に読み取る独自技術を搭載しており、ディスク表面の汚れや傷でデータが読み取れない場合でも、CD本来の音質で再生することができる。


電波新聞拾い読み 2014年1月31日